定番料理で彼の胃袋をGET♡マスターしておきたい基本レシピ4

GOURMET HOLICS編集部 2019.7.11

お料理上手に見せたくて、イタリアンなどおしゃれな料理ばかりに注目している人も多いのでは? 実は、定番の家庭料理こそ男性の大好物なんです。男性が大好きなお肉を使うのも、彼の胃袋を掴むポイント。今回は、手作りしたら喜ばれる定番レシピ「ハンバーグ」「肉じゃが」「豚汁」「オムライス」の作り方を紹介します。

【材料(2人分)】
A 
大根(いちょう切り) 5㎝
にんじん(いちょう切り) 1/4本
ごぼう(斜め薄切り) 1/4本
しいたけ(薄切り) 2個
こんにゃく 小1/2枚

豚バラ薄切り肉(3〜4㎝幅に切る) 120g
里芋(一口大) 2個
厚揚げ(5㎝幅にカット) 小1/4枚
長ねぎ(1㎝幅に切る) 1本
ごま油 適量
だし汁 600㏄
酒 50㏄
味噌 大さじ2と1/2
みりん 小さじ1
万能ねぎ 適量

【作り方】
下準備
・ごぼうは包丁の背で皮をむき、斜め薄切りにしたあと、水に5分ほどさらす。
・こんにゃくは切った後、アク抜きする。
・万能ねぎは斜めに小口切りにする。

1 熱した鍋にごま油を引き、Aの野菜類を焦がさないように中火でしっかりと炒める。
2 1の鍋にだし汁を加え、沸いたらアクをすくう。里芋、厚揚げ、長ねぎ、豚肉を加えたら、10〜15分ほど蓋をしてじっくりと中火〜弱火で煮る。
3 最後に酒、味噌、みりんを加えて、ふつふつしてきたらできあがり(沸騰させないように注意して)。
4 おわんに盛ったら、お好みで万能ねぎを散らして完成。

出典: POINT1 ごぼうは包丁の背で皮をむく

ごぼうの皮むきは包丁の背で行うのがベスト。前後に動かすだけで皮を剥くことができます。

出典: POINT2 隠し味にみりんを加えて

シンプルな食材で作るからこそ、最後にみりんを加えるだけで奥行きのある本格的な味わいに。

とろ~りオムライス

出典:

オムライスは、ランチの定番レシピ。自宅で洋食屋さんのように本格的な味を作り出せたら、男性にきっと喜ばれるはず。身近な食材だけで完成するので、ランチタイムにササッと作れば見直されること請け合い♡ 定番の洋食料理だからこそ、見た目にこだわるのもお料理上手に見せるコツ。作り方のポイントをおさえて、キレイなドレープがついたオムライスを披露しましょう。

出典:

【材料(2人分)】
鶏むね肉(1㎝角に切る) 100g
玉ねぎ(1㎝角に切る) 1/4個
ご飯 茶碗2杯分
バター 10g
卵 4個
牛乳 大さじ2
片栗粉 小さじ2
サラダ油 大さじ1×2

A
ケチャップ 大さじ4
コンソメ(顆粒) 小さじ1
塩・胡椒 各適量

【作り方】
1 フライパンにバターを入れ、鶏肉と玉ねぎを中火でじっくりと炒める。
2 鶏肉に火が通ったらご飯を加え、さらに炒める。ご飯がパラパラとしてきたら、Aを加えて味付けをしながら炒める。よく混ざったら取り出し、お皿にお茶碗を使ってドーム状に盛り付けておく。
3 片栗粉を牛乳に溶き、よく混ぜ卵に加えたら、箸で白身を切るように混ぜていく。
4 温めたフライパンにサラダ油を半量入れ、卵の半量(1人分)を一気に流し入れる。
5 中弱火で温めながら、ふちが白くなってきたら箸で卵を中央に寄せたら、真ん中をつまんでフライパンを1回転させてドレープを作る。
6 ドレープの卵をそのまま2のお皿にスライドさせ、ご飯の上にのせたら完成。

出典: POINT1 牛乳と片栗粉は混ぜ合わせておく

牛乳と片栗粉は事前に混ぜ合わせ、卵とミックスするとキレイなドレープが作れます。

出典: POINT2 空気を含ませないようにしっかり混ぜる

キレイなドレープがつくように、空気を含ませずふんわり感なく混ぜるのがベター。

出典: POINT3 中央に寄せてくるっと回転
  • 3/4ページ
  • Icon paging first
  • 1
  • 3

関連記事&キーワード