美味しい&ヘルシー!キレイになれる「れんこん」レシピ8つ

GOURMET 2018.8.16

サクサクした歯ごたえがたまらない「れんこん」は、和食・洋食どちらのレシピに取り入れても美味しいですよね。食物繊維など豊富な栄養素を一度に摂れるから、美容と健康を意識する女性におすすめの食材。今回は、お弁当のおかずからちょっと贅沢な一品まで作れる、こだわりの「れんこんレシピ」をまとめました!

  • facebook
  • twitter

「れんこん」で美容に効く栄養素を同時にチャージ!

出典:

ビタミンCやカリウム、食物繊維を豊富に含むれんこん。今回は、美味しく食べながらキレイになりたい女性のために、ほっこり家庭料理からお手軽に作れるおつまみまで、幅広いれんこんレシピをご紹介します。

れんこんの歯ごたえと風味を楽しめる“おかずレシピ”6つ

れんこんの独特な歯ごたえが好きな人も多いはず。あのサクサク感をキープしつつ美味しさを活かした“おかず用れんこんレシピ”に挑戦してみて!

1 生理中のトラブルに対応「たっぷり野菜と秋鮭のマリネ」by管理栄養士 板橋里麻さん

出典:

とくにトラブルが起こりやすい生理中にオススメのレシピ。ビタミンB2、B6、アスタキサンチンを豊富に含む鮭で美肌を保ち、野菜で食物繊維をたっぷり摂って便通を整え、カリウムでむくみも予防。さらにローズマリーでイライラしがちな心も鎮静。作り置きにも◎。

FRaU2017年11月号

【材料(2人分)】
なす 1本
黄色パプリカ 1/2個
れんこん 100g
玉ねぎ 1/4個
ローズマリー 2本
ラディッシュ 2個
鮭 4切れ
白ワイン 大さじ1
塩胡椒 少々
小麦粉 適量
オリーブオイル 適量

A
バルサミコ酢 大さじ4
はちみつ 大さじ1強
塩胡椒 少々

【作り方】
1 鮭に塩こしょう、白ワインをかけて下味を付けて、小麦粉をまぶします。黄色パプリカ、玉ねぎ、ラディッシュは薄くスライスし、れんこんは1cmの厚さの輪切りにして、酢水につけておきましょう。
2 フライパンに多めにオリーブオイルを引いて火をつけ、鮭、なす、れんこん、ローズマリーを加え揚げ焼きにします。
3 バットなどにAを入れ、2と玉ねぎ、黄色パプリカを加え、15分程度おいておきます。
4 器に3を盛り付け、ラディッシュを飾って完成です。

2 野菜の旨みを最大限に引き出す「蒸し野菜」by料理研究家 ウー・ウェンさん

出典:

野菜は蒸しあがりの火の通りがそろうサイズを考えながら、それぞれの野菜が美しく見えるようにカットしましょう。下味ではなく仕上げに味付けするほうが、舌にダイレクトに響くので、調味料が少量で済み、減塩効果もありますよ!

「れんこんは、もっちりとした食感の加賀れんこんがおすすめ。大根やじゃがいも、かぶといったほかの野菜でもおいしい。特別な素材はたまにでいいの。その時季にたくさん採れるものを食べることが、いちばん体にいいのよ」(料理研究家 ウー・ウェンさん)

FRaU2017年3月号

【材料(2~3人分)】
れんこん 200g
にんじん 2本

A
こしょう(粉末) 少々
粗塩 小さじ1/3
ごま油 大さじ1

【作り方】
1 れんこんは皮をむいて1cm幅の輪切りに、にんじんは皮をむいてひと口大の乱切りにします。
2 1をせいろや蒸し器に並べ、強火で3分→弱火で7分蒸します。火を止め、そのまま10分おきましょう。
3 器に盛り、Aで調味して完成です。

3 お弁当の付け合わせに◎ 「れんこんとちくわののり塩きんぴら」byフードコーディネーター SHIORIさん

  • page 1 of 4
  • 1
  • 3

HOLICS編集部

この記事のキーワード

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

FEATURE特集記事まとめ

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

HOLICS ORIGINALSオリジナル特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

GOURMETグルメ

TOTALすべての記事