簡単料理をかごに詰めて♡行正り香さんのピクニックコーディネート

GOURMET おとなスタイル編集部 2018.5.5

欧米の公園では、カップルや家族がピクニックをしている風景をよく見かけます。行正り香さんの著書 『行正り香のテーブルコーディネート シーン別 シンプルおいしいレシピつき』は、カジュアルだけどスタイリッシュにピクニックランチを楽しみたい方におすすめの1冊。さまざまなシーンごとの素敵なテーブルコーディネートの提案をレシピとともに紹介したこの本から、ピクニックランチをおしゃれに楽しむコーディネートのポイントをまとめました。

  • facebook
  • twitter

芝生に敷くスタイリッシュな布とバスケットを用意しましょう

出典: 『行正り香のテーブルコーディネート シーン別 シンプルおいしいレシピつき』

ピクニックのコーディネートで重要な存在は、公園の芝生の上に敷く布です。ビニールのシートでもよいですが、思い出に残る時間を作るならば、厚手のスタイリッシュな布を一枚用意しましょう。それから少し寒くなってきたときのために薄手のブランケット、汚れてもいいクッションなども使えるアイテムです。

バゲットと1〜2品の料理、頑丈な食器やコップをバスケットに詰めてレッツゴー!

外でワインやチーズ、おにぎりやから揚げを食べると、「こんなにおいしいものがあるだろうか?」と不思議になるほど。たくさんの品数のお弁当より、布に座ったときの心地よさや、居眠りしたくなったときに横になれるクッションのやさしさのほうがインパクトがあるはずです。料理はカジュアルにして、手軽にバゲットと1〜2品だけ、あとは頑丈な食器やコップをバスケットに詰めたら準備完了。女友だちや彼氏、子どもたちを誘って出かけましょう。

出典: 『行正り香のテーブルコーディネート シーン別 シンプルおいしいレシピつき』

「お料理は二の次。大切なのは、かごに楽しき心を入れて外に出てみること」(行正り香さん)

『行正り香のテーブルコーディネート シーン別 シンプルおいしいレシピつき』

家にあるものをバスケットに詰める、気軽なピクニック

出典: 『行正り香のテーブルコーディネート シーン別 シンプルおいしいレシピつき』

冷凍しておいたものや家にある材料でサッと作ったものをバスケットに詰めてしまうのが気軽なピクニックのポイントです。バゲットにはさむビーフのワイン煮は、フランスで食べて以来、行正さんがよく作っているもの。豚肩ロース肉でもおいしく作れるそうです。

出典: 『行正り香のテーブルコーディネート シーン別 シンプルおいしいレシピつき』 ビーフバゲットサンド

【材料(4~6人分)】
牛すねかたまり肉 600g
水 カップ1と1/2
赤ワイン カップ1/2

A
顆粒チキンコンソメスープの素 小さじ2
バター 20g
塩 小さじ1/2
トマトケチャップ 大さじ1
砂糖 大さじ1
バター 20g

バゲット 1本
トマトの薄切り 1個分
ルッコラ 1束
マスタード 大さじ2
マヨネーズ 大さじ4~6
ピクルス(紫キャベツ、きゅうり、にんじんなど) 適宜

【作り方】
1 牛肉は圧力鍋に入れ、分量の水と赤ワインを注ぎ入れる。ふたをして強火にかけ、圧力がかかったら弱火にして、20分ほど加熱する。
2 1の圧力を抜いてふたを取り、Aを加える。圧力をかけずに弱火で15分ほど、水分がほとんどなくなるまで煮る。
3 バゲットは4~6等分に切り、具材がはさめるように切り目を入れる。マスタード、マヨネーズを塗り、2とトマト、ルッコラをはさむ。あればピクルスを添える。

カトラリーとナプキンは1人分ずつまとめて。水差しには数種類の草花を

出典: 『行正り香のテーブルコーディネート シーン別 シンプルおいしいレシピつき』

フォークやナイフ、ナプキンはひもで1人分ずつまとめて、バスケットに入れておくと便利。ナチュラルな表情が、ピクニックシーンにぴったりです。

  • page 1 of 2
  • 1

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

FEATURE特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

GOURMETグルメ

TOTALすべての記事