美食の原点!「白いごはん」をマニアックに楽しむ究極の方法10

GOURMET FRaU編集部 2017.7.7

美食家やインスタグラマーなど、多くの人々を魅了している食の最旬トレンドが「シンプルフード」。その原点にして、究極のシンプルフードと言えるのが、「白いごはん」ではないでしょうか? 日本人が潜在的に求める美食の原点は、この白いごはんなんです!

  • facebook
  • twitter

気軽に味わうことができ、なんだかホッとするシンプルフードの中でも、白いごはんは特に毎日食べたくなってしまいますよね。すべての美食のはじまり「白いごはん」が、日常に小さな幸せをもたらしてくれるはず!

究極のシンプル米料理No.1はこれ!

出典: 口の中でほろっとほぐれてお米の甘い香りが広がる「塩むすび」

炊き立てのごはんを、塩を付けた手でふんわりにぎるだけ。こんなにシンプルで潔い料理は他にありません。だからこそ、お米と塩にはこだわって。お米そのもののおいしさにハッとするはず。クセがないから食欲がないときでも食べられる、元気の湧くパワーフードです。

究極のこだわりを!土鍋で白米を炊いてみよう

出典: 面倒な手間は一切ナシの大ヒットアイテム“炊飯土鍋”

中強火で約13分、蒸らし20分でごはんが炊ける、直火式の炊飯土鍋(¥7500)。内蓋も付いているので、炊き上がったごはんを移さなくても大丈夫。

コツさえつかめばとっても簡単!最高においしい土鍋炊きの白いごはん

出典: 1 とぐ目安は、お米がうっすらと透けるまで

ボウルに水をはり、米を流し入れサッと混ぜ、水を捨てる。ソフトボールを握る感じで指を曲げてシャカシャカととぎ、水を入れてすすぎ、水を捨ててまたとぐ。これを3~4回繰り返したらザルにあげる。

出典: 2 美味しく炊くためには十分に吸水させる

ボウルに米を入れ、たっぷりの水で吸水させる。冬場の場合は最低でも1時間は吸水させるのが理想的。時間が経ったらザルにあげてから鍋に入れ、1合に対して200㏄の軟水を注ぐ。

出典: 3 沸騰のタイミングを火加減で調節する

蓋をして、中強火で炊いていく。着火してから10分以内で沸騰させないように。写真くらいの火加減を目安に11~13分で沸騰させ、湯気が出たら火を止める。

出典: 4 お米の芯までふっくらと火を通す「蒸らし」
  • page 1 of 4
  • 1
  • 3

この記事のキーワード

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

FEATURE特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

GOURMETグルメ

TOTALすべての記事