豆腐で痩せる!キレイになる!簡単美味しいダイエットレシピ集♡

GOURMET 2018.1.29

豆腐料理=低カロリーでボリューム満点のイメージがありますよね。そんな優秀な豆腐を上手にダイエット食にプラスしないなんてもったいない! 主食の炭水化物を抜いたって平気なくらいお腹いっぱいになって、しかも美味しい豆腐レシピ。良質なタンパク質もいっぱい取り入れられますよ!

  • facebook
  • twitter

毎日食べたい!豆腐料理でキレイを継続♡

出典:

急激なダイエットは、すぐにリバウンドor長く続かないのはもはや常識。そんなときにおすすめなのが豆腐レシピ! 豆腐は味が淡泊なのでいろいろな料理に活用できるし、豆腐自体をメインにすることもできるので、食べながら痩せられるという夢の食材なんです。しかもダイエット中に不足しがちなたんぱく質も豊富で言うことなし。“少しずつ体重を減らす”が基本なので、朝、昼は好きなものを今まで通り食べて、夜だけは主食を豆腐に置き換えましょう!

【前菜】ドレッシングに豆腐を入れて野菜をがっつり摂取!

出典: 豆腐と野菜のサラダ

ノンオイルドレッシングはあまり美味しくないものも多いですが、豆腐を入れたドレッシングはコクがあるから野菜との相性ぴったり。これだけでお腹が一杯になるので、仕事で帰りが遅くなったときやジム帰りなどにも◎!

【材料(1人分)】

好みの野菜 適量
ブロッコリースーパースプラウト 10g

・みそドレッシング
みそ 大さじ1
絹ごし豆腐 1/2丁(水切りしておく)
亜麻仁油 小さじ1 
酢 小さじ1
ヘンプシード(あれば) 適量

【作り方】
1 ボウルに豆腐を入れてペーストになるまで潰し、亜麻仁油、酢、みそを加えてよく混ぜる。
2 野菜を食べやすくカットして器に持ったら、その上にブロッコリースーパースプラウトをのせ、ヘンプシードを散らす。
3 1を2にかける。

【スープ】カラダが温まるピリ辛スープにパクチーをプラス

出典: 豆腐とパクチーの担々スープ

何にでも合う豆腐を坦々味とパクチー味で。痩せるための食事は薄味でバリエーションが偏りがち。そんなときは味付けを変えて気分転換!

【 材料(2人分) 】
絹ごし豆腐 1丁
パクチー 5本
長ねぎ 1/2本
ごま油 大さじ1
豆板醬 小さじ1/2
鶏ガラスープ 400ml
みそ 大さじ2
すりごま(白) 大さじ3

【 作り方 】
1 耐熱容器にキッチンペーパーを敷き、絹ごし豆腐をちぎってのせ、レンジで3分加熱。
2 長ねぎはみじん切りにする。パクチーは茎を1㎝の長さに切る。
3 鍋にごま油、豆板醬、長ねぎを入れて加熱し炒める。香りが出たら、鶏ガラスープ、みそ、すりごまを加えて煮る。
4 豆腐とパクチーの茎を加え、ひと煮立ちさせる。盛り付けたら、パクチーの葉をのせる。

【スープ】豆腐としょうが、ハトムギの栄養満点のスープ

出典: 野菜とハトムギのしょうがスープ

カラダを温める作用があるしょうがのスープで、カラダの中からポカポカに。ハトムギは化粧水になっているほど美肌効果があると言われています。絹豆腐がツルッと美味しいから、「食欲があまりないけど、食事を抜いたらあとがキツそう」というときに!

【 材料(2杯分) 】
たまねぎ 1/2個
チンゲンサイ 1束
絹豆腐 1/3丁
えのき 1/3袋
ハトムギ 大さじ1
小ねぎ 少々
しょうが 好みの量
中華スープの素 小さじ1
塩・こしょう 少々
水 400ml

【 作り方 】
1 たまねぎは薄切りにし、チンゲンサイ、えのきは2~3㎝の長さにカット。小ねぎは小口切りに。
2 鍋に水、ハトムギ、えのき、たまねぎを加え火にかけ、沸騰したら中華スープの素、チンゲンサイ、豆腐を入れひと煮立ちさせ、しょうが、小ねぎを加え、塩こしょうで味付ける。

  • page 1 of 3
  • 1
  • 3

HOLICS編集部

この記事のキーワード

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

FEATURE特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

GOURMETグルメ

TOTALすべての記事