体の中からポカポカ……というより暑ッ!辛旨「火鍋」名店@東京

GOURMET HOLICS編集部 2019.1.20

冬に食べたい定番料理といえば「鍋」! 中でも最近ブームになっているのは、唐辛子や山椒のスープに、お肉や海鮮を入れて食べる火鍋です。辛いのに後を引く旨さで、大量の汗をかきながら食べる=デトックスになると女子の注目を集めているとか。そこで今回は、今すぐ行きたい「火鍋」の名店をご紹介します。

国産有機野菜をビュッフェスタイルで!『天香回味』(新宿)

出典: 『天香回味』大地のコース(¥5880)

2種のスープで味わう、体に嬉しい薬膳火鍋。HUTAN新宿3丁目店では18種もの国産有機野菜をビュッフェスタイルで楽しめるので、普段不足しがちな野菜をたっぷり食べることができますよ!

SHOP DATA      
天香回味(テンシャンフェイウェイ) HUTAN新宿3丁目店
東京都新宿区新宿3-17-4 新宿レミナビル6F TEL:03-3351-2355 (11:30~22:30/21:30L.O. ランチ14:00L.O. 不定休)

羊の骨にかぶりつく豪快火鍋なら『羊蝎子』(新宿)

出典: 『老北京 羊蝎子』羊蝎子火鍋(¥1500)

名物は羊蝎子(羊の骨)がドンッと入った豪快な火鍋。スープは濃厚湯と濃厚麻辣(山椒の「麻」と唐辛子の「辣」が調和)の2種類で、好みの辛さにカスタマイズできます。〆は辛いスープにぴったりのラーメンで決まり!

SHOP DATA    
老北京 羊蝎子(ヤンシェズ)  
東京都新宿区西早稲田2-11-13 第一山武ビル2F TEL:03-6233-7650 (11:30~15:00 17:00~23:00/22:45L.O. 月曜休)

具材もスープも手抜きナシ『ファイヤーホール4000』(麻布)

出典: 『ファイヤーホール4000』紅宝石コース(¥7500)

四川省成都の豆板醤、豆鼓、花椒などに自家製の完全発酵豆板醤を加えた麻辣湯は、深みのある旨みと上品な辛さが絶妙! 通常は麻辣湯と肉骨茶の2種のスープですが、1000円追加すると酢白湯スープも楽しめます。群馬産ブランド豚の加藤ポークをはじめ、牛タンスライス、車エビ、白子、フカヒレ、旬の有機野菜など、具材にも一切手を抜きません。〆は、スープがよく絡む細麺で!

SHOP DATA  
ファイヤーホール4000 麻布十番店
東京都港区麻布十番2-5-1 マニヴィア5F TEL:03-6721-0788 (17:00~24:00/L.O.  日曜・祝日12:00~22:00/L.O.  水曜休)

神戸牛の山がドーンッ!『なべ肉や なべ彦』(中目黒)

出典: 『なべ肉や なべ彦』鍋肉コース(¥4500)

スライスされた神戸牛のロースとバラがそびえ立つ圧巻の見た目に、歓声があがること間違いナシ! 自家製コチュジャンと、「全国を探してようやく見つけた」という山口県産の醤油が味の決め手になっています。〆は、追加料金を払ってもチーズリゾットがおすすめ!

SHOP DATA    
なべ肉や なべ彦
東京都目黒区上目黒2-7-12 ドアーズ中目黒1F TEL:03-6452-2139 (18:00~24:00/23:30L.O. 日曜休)

辛ダレが鶏の旨みを引き出す『鳥料理 それがし』(品川)

出典: 『鳥料理 それがし』辛すき焼き(¥2200)

自家製ラー油に京都産の粉山椒、国産黒酢などを配合した料理長自慢の特製辛ダレで食べる、予約殺到の鳥料理専門店の鍋は絶品! 大山どりのモモ、ムネ、砂肝、ハツなど、鶏の様々な部位を楽しめます。純米にこだわった日本酒もたくさんあるので、飲み過ぎ注意!?

SHOP DATA      
鳥料理 それがし
東京都品川区西五反田2-15-11 2F TEL:03-3495-1129 (17:00~24:00/23:00L.O. 年始休)

  • 1/2ページ
  • 1

関連記事&キーワード

この記事のキーワード