暑い夏は辛〜い料理が食べたい!おすすめ旨辛メニュー9つ@東京

GOURMET 2018.7.23

自宅で再現できない本格的な味と辛さはプロにおまかせ! ついつい足を運びたくなる、暑いからこそ食べたくなる辛い料理のお店を集めてみました。 辛いものを意識して食べて暑い夏を乗り切りましょう!ただし食べ過ぎには注意♡ 

  • facebook
  • twitter

汗をかくのに食べたくなる!?なぜか夏に食べたい辛い料理♡

出典:

暑くなると刺激的な料理が食べたくなりますよね。しかしなぜ暑いのに辛いものが食べたくなるのでしょうか? それは辛いものを食べると新陳代謝が活発になり汗をかくことで、身体の表面温度が一時的に下がるため、結果的に【涼】を得る事ができるとか。また辛味成分が食欲増進に繋がるのだそう。辛い食材といっても、ピリッと辛いものからしびれる刺激的な辛さのものまでいろいろなものがあります。自分の好みに合った辛さのものを取り入れて夏を元気に乗り切りたいですね。

1 【唐辛子】魚介系♡辛口ちゃんぽん「肉&麺」(大久保)

出典: ちゃんぽん(¥800)

豚肉は三重県の松阪肉を中心とした国産肉のみを使用。こだわりのお肉と魚介エキスたっぷりのピリ辛ちゃんぽんなどの韓国風中華麺を楽しめるお店です。オシャレで食堂のようなカジュアルなお店は、ママ会から会社の宴会までいろんなシーンに対応します。

SHOP DATA
肉&麺
東京都新宿区大久保1-12-24-1F TEL:03-6457-6887(11:30〜23:30 ランチタイム15:00まで 無休)

2 【唐辛子】辛口カレー南蛮「日本ばし やぶ久」(日本橋)

出典: 辛口カレー南蛮(¥1050)

明治35年創業の老舗ですが、お客さんの声に応えて進化し続けています。そのひとつが、看板メニューとも言えるカレー南蛮。平成14年に4代目の高橋義明さんが受け継いでから多様な七味を取り入れ、辛さが普通・辛口・大辛・激辛の4種類になりました。辛口は、ピリリとしたスパイシー感のあと、複雑な辛さがじわじわと攻めてくる。同時につゆの濃厚な旨みが溶け合い、「醤油に負けないように、ダシには特注の厚切りの鰹節を惜しみなく使っています」という高橋さんの言葉に納得。外二で打つ蕎麦の風味が調和の役目を果たし、辛さと旨みがこれまた絶妙なバランスになります。あっさりとキレがいい後味にも大満足です。

おとなの週末2017年12月号

上質なかつおぶしを使用したオリジナルの出汁で作るカレー南蛮そばが人気。また、カレー南蛮は【普通・辛口・大辛口・激辛口】から、肉の種類も【豚肉・鶏肉】から選ぶことができます。特にスパイスの効いた辛口が人気で、テレビや雑誌にも度々取り上げられています。

SHOP DATA
日本ばしやぶ久
東京都中央区日本橋2-1-19 TEL:03-3271-0829 (11:00~16:00/15:30L.O. 17:00~23:00/22:30L.O. 土曜11:00~16:00/15:30L.O. 17:00~21:30/21:00L.O. 日・祝休)

3 【唐辛子】コクがある牛すじ「居酒屋 路地裏」(品川)

出典: 激辛牛すじ煮込定食(¥800)

芝浦の食肉市場から塊で仕入れる肉は臭みを取るため一度茹でこぼしてから野菜と一緒に8~9時間ほど煮込みます。煮崩れないよう弱火でじっくり火を入れます。大量に仕込むからこそできる深い旨み。

おとなの週末2017年10月号
  • page 1 of 4
  • 1
  • 3

HOLICS編集部

この記事のキーワード

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

FEATURE特集記事まとめ

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

HOLICS ORIGINALSオリジナル特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

GOURMETグルメ

TOTALすべての記事