夏バテ防止、解消にも◎。“夏野菜”を使ったおすすめレシピ8品

GOURMET HOLICS編集部 2018.8.23

太陽のパワーを存分に蓄えたこの時期の野菜は、見た目もよく時季外れのものに比べて栄養価も高い状態にあります。今回は、きゅうりやなす、ズッキーニなど夏野菜を使ったレシピをご紹介。どれも簡単に手に入る食材でパッと作れるものばかりだから、「あと一品!」というときにも役立ちます。

夏野菜を使ったレシピなら、不足しがちな栄養を食べて補える!

夏野菜は風味が良いのはもちろんですが、身体を冷やす効果があるほか、カリウムやビタミンCなど、この時期に不足しがちな栄養素も多く含んでいます。火を通すことで栄養素を効率よく吸収できるものもあるので、素材に適した調理法を選んで、旬の夏野菜を味わって!

冷や汁うどん

出典:

暑くてキッチンに立つのも億劫になりがちな夏のランチにおすすめのメニュー。きゅうりのシャキシャキとした歯ごたえがアクセントになり、食欲のない日でもさっぱりといただけます。余分な水分が出ないよう、きゅうりはしっかりと塩もみをしておきましょう。

【材料(1人分)】
冷凍うどん 1玉
さばのみそ煮(缶詰) 50ℊ
きゅうり 1本
みょうが 1個

A
麺つゆ(3倍濃縮) 30㎖
すりごま 大さじ1
水 50㎖
※2人分のときは各分量を2倍量に

【作り方】
1 冷凍うどんは電子レンジで表示時間どおりに解凍し、水でしめて水気をよく切る。
2 きゅうりは薄い輪切りにして塩ふたつまみ(分量外)でもみ、5分ほど置いて水気をよく絞る。みょうがは小口切りにする。
3 ボウルにさばのみそ煮を入れてほぐし、Aと2の半量を加え、よく混ぜてお碗に盛る。うどんと残りのきゅうりとみょうがもザルに盛る。

なすとささみの生姜みそ炒め

出典:

しっかりと火を入れトロッとした食感のなすと、ささみが絶妙にマッチ。なすは油を吸いやすいため、少量でも油が回るように蓋をして蒸し焼きにしましょう。生姜を効かせたみそだれで、白いご飯が進むこと間違いなしです。

【材料(2人分)】
なす 2本
ささみ 2本
片栗粉 小さじ2

A
生姜のすりおろし 大さじ1/2
みそ 大さじ1/2
麺つゆ(3倍濃縮) 大さじ1
砂糖 ふたつまみ
水 50㎖
ごま油 大さじ2
青じそ 2枚

【作り方】
1 なすはヘタを切り、縦半分に切ったら約1㎝幅の斜め切りにする。ささみは縦半分に切ってから斜めそぎ切りにして、全体に薄く片栗粉をまぶす。Aは合わせておく。
2 フライパンにごま油大さじ1を熱し、中火でささみを焼く。両面に軽く焼き色がついたら、残りのごま油大さじ1を足し、なすを加えてさっと炒め合わせる。蓋をして弱めの中火で約2分蒸し焼きにする。
3 なすがやわらかくなったら、Aのたれを加えて中火で煮からめる。器に盛り、ちぎった青じそを散らす。

さば缶となすのチャンプルー

出典:

さば缶の水煮を汁ごと使い、ごま油でコクをプラスしたボリューム満点の一品。フライパンで炒めるだけの手軽さながら、魚と野菜、豆腐という栄養豊富な食材がたっぷり摂れるのも嬉しい♡

【材料(4人分)】
さば水煮缶 1/3缶(60g)
小松菜 1/3束(60〜80g)
しそ 3枚
なす 1本
生姜 1/3片
酒 大さじ1
木綿豆腐 1/3丁(100g)
卵 1個
ごま油 大さじ1/2
しょうゆ 小さじ1
塩、胡椒 各少々

【作り方】
1 小松菜は3~4㎝長さに切り、しそは粗くちぎり、なすは縦半分に切ってから7〜8㎜の厚さの斜め切りにする。生姜はせん切りにする。さば水煮は酒をかけておく。
2 フライパンにごま油と生姜を入れて中火で熱し、ひと口大にちぎった豆腐を加えて焼く。なすと小松菜を加えてさっと炒め合わせたらさばを汁ごと加え、蓋をして蒸らしながら火を通す。
3 なすがしんなりしてきたら、蓋を取ってしそを加えて大きく混ぜ、しょうゆと塩、胡椒で味を調え、最後に溶きほぐした卵をまわし入れて、半熟くらいで火を止める。

ピーマンチーズ肉巻き

  • 1/3ページ
  • 1
  • 3

関連記事&キーワード

この記事のキーワード