ほっとけば美味♡arikoさんのスープ煮&ドレッシングレシピ

GOURMET おとなスタイル編集部 2018.3.17

『arikoのごはん 私もみんなも好きな味』(講談社)は、レシピ本としてはもちろんarikoさんの料理や日常についてのエッセイも楽しめる1冊です。今回は、時間をかけて煮込む、牛すね肉のスープ煮レシピと万能ソースになるドレッシングをご紹介します。

  • facebook
  • twitter

「おいしいものが好き、誰かに食べさせてあげたい」という思いから生まれるarikoさんのお料理

出典: 『arikoのごはん 私もみんなも好きな味』

たくさんの人気レシピを作り出すarikoさんのキッチンには便利な道具がずらっと並んでいそうですが、意外にも電子レンジがないのだとか。どんなに忙しくても、おいしいものを食べたい、食べさせてあげたいという思いが込もったレシピから、作りおき&アレンジがきく、忙しいときのお助けメニューをピックアップします。

わが家には電子レンジがありません。キッチンにスペースがないことと、温め専門になってしまうから。冷凍ご飯などの冷たいものを温めるときは蒸籠があれば十分。ほかほかとおいしく蒸し上がります。

『arikoのごはん 私もみんなも好きな味』

大鍋で時間をかけて煮込む、ほっとくだけレシピ

そのままでは固くて食べづらいすね肉やかたまり肉などはじっくり煮込むことで柔らかくなり、しかもおいしいスープがとれる、「ほっとくだけレシピ」にぴったりの食材です。あとでアレンジしやすいように、あえて塩味をつけずに作っておくことがポイントです。

家にいるけれど、ほかにやらなければいけないことがあるとき、明日明後日のために作りおきしておきたいとき……に助かるのが、大鍋で時間をかけて煮込む、“ほっとくだけ”レシピ。[中略]難しいプロセスはなく、材料を鍋に入れるだけで、あとは時間がおいしくしてくれます。

『arikoのごはん 私もみんなも好きな味』

丁寧にアクを取りながら弱火で4時間じっくり煮込む「牛すね肉のスープ煮」

火にかけている間は肉がお湯の中で浮かんでいる状態がベスト。アクが出ていたら取り除き、煮詰まってきたらお湯を注ぎ足します。

出典: 『arikoのごはん 私もみんなも好きな味』

【材料(作りやすい分量)】
牛すね肉 1kg
長ねぎ(青い部分) 1本分
しょうが 1かけ
水 2L

1 大きめの鍋に材料をすべて入れて沸騰させる。
2 あくが出てきたら取り、弱火で4時間ほど牛すね肉が柔らかくなるまで煮込む。最後に長ねぎを取り出す。

お肉だけ、スープだけ、両方一緒に使ってもアレンジ自在でとても便利!

根菜と合わせてポトフにしても、肉を取り出しスライスしたものを粒マスタードと塩だけで食べても美味しい。サンドイッチやサラダの具にもできます。スープは汁かけご飯、うどんや冷麺のスープとして使っても。冷蔵庫で1週間の保存ができます。

出典: 『arikoのごはん 私もみんなも好きな味』 塩と野菜を加えてスープにも

煮込むときに塩加えていないので、調理時の味つけは自由自在。例えば、牛すね肉のスープ煮を温め、酒と塩、こしょうで味を調え、出来上がる直前にクレソンを加えて。

  • page 1 of 2
  • 1

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

FEATURE特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

GOURMETグルメ

TOTALすべての記事