すべての女性のための偏愛ミュージアム

土鍋の力でいつもの料理をグレードアップ!土鍋を使ったレシピ集

GOURMET 2017.12.6

土鍋、使っていますか? 土鍋を使って調理すると、定番の水炊きはもちろんのこと、カレーや野菜、お米などなど……いつも食べている食材をさらにおいしくしてくれるんです。コツさえつかめば特別なことをしなくても大丈夫! な、土鍋活用レシピを集めました。

土鍋でしか味わえない素材のうまみを味わおう!

FRaU2016年12月号

最近ではIH卓上コンロや鍋もできるホットプレートの便利さに押され、あまり使われなくなってきてしまった土鍋。でも、土鍋には素材の味を引き出す効果があるので、普通の鍋では味わえないうまみを味わうことができます。シンプルな味付けのレシピこそ土鍋の出番。土鍋を使いこなせば鍋料理はもちろん、いつものカレーや野菜の煮炊きもひと味おいしく仕上がります♡

テクなし簡単なのに美味しい!『鶏団子鍋』

おとなスタイル2016年冬号

鶏むね団子とねぎのみ、というシンプルな具と、昆布だけで取っただし。こんなにシンプルなのにおいしいのは、土鍋のおかげ。土鍋の遠赤外線が大きな鶏むね団子にもじっくりじんわりおいしい熱を通して、具材からもだしを引き出してくれます。

【材料(4人分)】
鶏むねひき肉 600g
昆布 10㎝角1枚
干ししょうが ひとつまみ
ねぎ 4〜6本

・たれ
オリーブオイル、しょうゆ 各適量

・薬味
万能ねぎの小口切り、おろししょうが、柚子こしょう 各適量

【作り方】
1 鶏ひき肉は粘りが出るまでよく練り、団子状にまとめる。昆布は短冊状に切る。ねぎは食べやすい長さに切る。
2 土鍋に1の昆布と薄切りにして2〜3日干したしょうがを入れ、鍋の八分目くらいまで水(分量外)をはって火にかける。
3 2が煮立ったらねぎの半量を加え、煮えたら1の鶏団子を加える。煮えてきたら残りのねぎを加えて煮る。
4 器にしょうゆとオリーブオイルを入れ、好みの薬味で食べる。

シンプルな『水炊き』は、にら+ニンニクでパンチを効かせる

with2016年1月号

定番の水炊きをさらにおいしくするには、土鍋を使うことと、にらやにんにくを効かせてパンチのある味に仕上げることがポイント。鶏肉は先に湯通しして臭みが取っておくと、鍋の中で純粋なうまみだけを楽しむことができます。

【材料】
鶏ひき肉  200g

A
しょうが汁 大さじ1
すりおろしにんにく 1/2かけ分
酒 大さじ2

鶏ももぶつ切り肉 4個
にら 1束
白菜 1/8個
薄切りにんにく 1かけ分
昆布(7×15㎝大) 1枚(約10g)
塩 小さじ1/3

・ごまだれ
白すりごま 大さじ4
ぽん酢しょうゆ 適量
すりおろしにんにく 1/2かけ分

【作り方】
1 土鍋に水2ℓと昆布を入れておく。
2 鶏もも肉は熱湯をかけて水でさっと洗い、水けを拭く。にらは下半分はみじん切りにし、上半分は4~5㎝の長さに切る。白菜は1~2㎝幅に切る。
3 ボウルにひき肉と塩を加えて練り、Aをまぜたものとみじん切りのにらを加えて混ぜる。
4 1の土鍋に鶏もも肉を入れ火にかけ、中火で煮立たせないよう20分ほど煮る。3を団子状に丸めて加え、火が通ったら白菜とニラを加え、にんにくを散らす。ごまだれの材料はよく混ぜ、つけながら食べる。

水炊き土鍋を美味しくしてくれるだしにこだわろう

おとなスタイル2016年冬号

シンプルなお鍋だからこそ、だしにこだわることでさらにおいしく仕上がります。顆粒だしや液体だしも便利でおいしいものが増えてきていますが、土鍋をじっくり味わいたいときはぜひイチからだしを取ってみてください。「こんなにおいしく仕上がるの?」と驚くこと間違いなし!

土鍋で一晩寝かせた味になる!?カレー鍋も絶品です♡

with2016年1月号

土鍋でカレーをつくると、一晩寝かせたような深みのある味に仕上がるので、普通にカレーをつくるときでも土鍋がおすすめです。ここで紹介するのは、カレー鍋。ソーセージやベーコンは土鍋で煮る前に焼いておくとうまみがアップ。スープには麺つゆを加えることで和風のカレー味になるので、鍋にぴったりのカレーだしになります。

【材料】
ソーセージ 4〜5本
ブロックベーコン 100g
キャベツ 1/4個
にんじん 小1本
玉ねぎ 1/2個
カレー粉 大さじ2と1/2
麺つゆ(ストレート) 大さじ4~5
片栗粉 大さじ2
オリーブオイル 大さじ1

【作り方】
1 ソーセージは斜めに切れ目を数本入れ、ベーコンは1㎝幅に切る。キャベツはざく切り、にんじんは4~5㎝長さの棒状に切り、玉ねぎは2~3㎝幅のくし形切りにする。
2 フライパンにオリーブオイルを熱し、ソーセージ、ベーコン、玉ねぎを入れて焼き目をつける。カレー粉をふり入れて全体にからめる。
3 2を土鍋に移し、水800㎖、にんじん、麺つゆを加えてやわらかくなるまで中火で煮る。
4 片栗粉を同量の水で溶いて3に加え、キャベツを加えてサッと煮る。

with2016年1月号

鍋にすればシメのリゾットでお焦げまで味わえちゃうので、ひと鍋で二度おいしい♡ ご飯だけでなくチーズも入れると、コクとマイルドさがプラスされて男子ウケもバツグンのリゾットに仕上がります。つくり方はカンタン。土鍋の中に具が少なくなったら、ご飯と溶けるチーズを加えてサッと煮るだけです。水分を少なめに煮込んでお焦げをつくるのも楽しみのひとつ!

土鍋で野菜をじっくり煮込めばそれだけでごちそうに♡

里芋や大根など、じっくり火を通したい野菜はぜひ土鍋で煮込んでみてください。ただひたすら土鍋で煮込むだけで、とろっとろにおいしい野菜の煮炊きが完成します。ここでは、里芋のひたすら土鍋炊きの土鍋レシピをご紹介いたします♡ 

おとなスタイル2016年冬号

【材料(4人分)】
里いも 8個
昆布 8㎝角1枚
塩、しょうゆ 各少々

【作り方】
1 里いもは皮をむき、ぬれぶきんで毛羽をふき取る。
2 土鍋に昆布と里いもを入れる。かぶるくらいの水を加え、ふたをして弱火にかける。
3 フツフツしてきたらふたを取り、そのまま極弱火で里いもがやわらかくなるまで25〜30分ほど煮る。里いもがすっかりやわらかくなったら塩としょうゆを加えて仕上げる。

だし・塩・醤油。こんなにもシンプルな材料でもおいしく野菜の煮炊きが仕上がるのは、土鍋のおかげ。じっくり煮込んでとろっとろになったうまみたっぷりの野菜は、もうそれだけでごちそうです。

アーユルヴェーダ式「白湯」は最強の毒出しドリンク!

FRaU2016年12月号

「生命の科学」を意味する「アーユルヴェーダ」は、5000年も前に生まれたというインド発祥の生きる知恵。「環境の変化や、自然のリズムともっと上手く付き合う。そうすれば、人間が持っている本来の生命力が発揮され、今よりもっと強く美しくなれるはず」という考えのもと、食事療法や様々なデトックス法などが編み出されました。

FRaU2016年4月号

何だか調子が悪いというとき、土鍋で沸かしたお湯でデトックスしてみませんか?

アーユルヴェーダの基本は「地、水、火、風、空」の5つのエネルギーの組み合わせ。水には「水」と「空」、長時間沸騰させることによって「火」と「風」、また鉄瓶や土鍋を使うことで「地」のエネルギーが加わるためアーユルヴェーダ式で作った白湯は「地、水、火、風、空」すべてのエネルギーが詰まっている万能薬。あらゆる不調を解決すると考えられる。

FRaU2016年4月号

【作り方】
1 水を入れた鉄瓶や土鍋を火にかけて最低でも10分ほど、ぐつぐつと沸騰させる。
2 80度くらいに冷ましてから飲む。1日1リットルℓ飲むと効果的。

できれば軟水を使ってください。ぐつぐつとしっかりと沸騰させ『火』と『風』のエネルギーを混ぜこむことを意識して。冷めたお湯を土鍋で温め直すのはNGなので、温かいうちに保温ポットなどに移しておきましょう。

土鍋で炊飯してふっくらツヤツヤのご飯を楽しもう♡

FRaU2016年6月号

土鍋で炊飯したご飯は本当においしいんです。「なんだか難しそう」と思われるかもしれませんが、やってみると意外に簡単で拍子抜けという人も。何より「お米ってこんなにおいしかったの?」と言いたくなるその味にハマっちゃう人急増中。炊飯専用の土鍋も続々発売されています。

お取り寄せ釜飯も土鍋炊飯でさらにおいしく仕上げる!

おとなスタイル2017年8号 宝水産の鯛しゃぶ・鯛釜飯セット

極上のお取り寄せ釜飯も、土鍋を使ってグレードアップ♡ 土鍋だからできるじっくりと時間をかけた火の通りは、おいしいお取り寄せをさらにおいしくしてくれます。おいしい食材は土鍋で手間暇をかけてうまみを引き出し、存分に味わってくださいね。

大ヒット!炊飯専用の土鍋で簡単においしい土鍋ご飯を

FRaU2016年12月号 長谷製陶のかまどさん 二合炊き

「面倒な手間暇を一切掛けずにおいしい土鍋ご飯が炊ける!」と、大ヒットしたこちらの炊飯土鍋。昔ながらの土鍋フォルムにテンションがあがっちゃいますね。内ぶたが付いていて、土鍋のまま保温できちゃうんです。土鍋炊飯デビューの方におすすめ♡

土鍋を収納するときは腰より低い位置に!

おとなスタイル2015年秋号

土鍋を収納するときは、できるだけ低い位置に収納しましょう。土鍋はとても重い上に、落とすと割れてしまう素材でできているので、注意が必要。腰よりも低い棚にしまっておくと取り出すときに落として割ってしまうリスクが低くなります。

土鍋を取り入れて食卓をワンランクアップしよう

FRaU2016年12月号

水炊き、カレー、野菜の煮炊きに白湯……日ごろから食べたり飲んだりしているものだからこそ、土鍋でおいしく仕上げるようにすれば、毎日の食卓がワンランクアップします! ぜひ生活に土鍋レシピを取り入れてみてください♡

HOLICS編集部

この記事のキーワード

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

GOURMETグルメ

TOTALすべての記事