毎日食べて美味しく菌活!「塩麹」活用レシピ&絶品お取り寄せ

GOURMET HOLICS編集部 2019.2.28

塩麴は日本古来の調味料。野菜を漬けて浅漬けに、あるいは肉や魚を漬け焼きしてメインに、お米に少量入れて炊いてふっくら甘いご飯にと、ひとつあればさまざまな使い方ができる万能の調味料なんです。そこで今回は、塩麹を使ったレシピやお取り寄せできる絶品塩麹グルメをご紹介します。

塩麹×豚肉は黄金の組み合わせ!

肉や魚を柔らかくし、食材の甘味や旨味を引き出す塩麹。鉄板は「豚肉」との組み合わせです。

覚えておきたい“基本のキ”レシピは冷凍保存もOK!

出典: 「豚ヒレ肉の塩麹漬け」by管理栄養士 板橋里麻さん

代謝をスムーズにするために必要なビタミンB1が豊富な豚肉の中でも、ヒレ肉はささみよりも脂肪分が少なく、不足しやすい鉄分なども豊富なダイエット食材。多めに作って、1の状態で冷凍保存しておくのもおすすめで、お弁当のおかずにも◎!

【材料(1人分)】
豚ヒレ肉 80g
塩麹 大さじ1
みりん 大さじ1/2

[付け合わせ]
ベビーリーフ 20g
ラディッシュ1個

【作り方】
1 豚肉、塩麹、みりんを保存用袋などに入れてもみ込み、30分以上冷蔵庫でおく(前の晩に仕込んでもOK)。
2 フライパンにクッキングシートを敷いて、その上に1をのせ、フタをして蒸し焼きに。途中返して、もう片面も焼く。
3 付け合わせと一緒に盛り付けて完成。

「豚肉で元気に」+「麴でキレイに」の黄金レシピ

出典: 「塩麴ローストポーク」by美容家 神崎恵さん

腸内環境を整える塩麴、ビタミン豊富で疲労回復にも効果的な豚肉。美容食材のW使いで美を猛チャージ!

【材料(2人分)】
豚ローストンカツ用 2枚
塩麴 大さじ2
オリーブ油 大さじ1
添え野菜(にんじん、プチトマトなど) 適宜
にんにく、醤油 各適量

【作り方】
1 豚肉は筋に数ヵ所切り込みを入れ、塩麴をまぶして30分ほどおき、さっと洗ってしっかりと水気を拭き取る。
2 フライパンにオリーブ油を熱し、中火で豚肉を焼く。片面が焼けたら裏返してフタをして、弱火で肉に火が通るまで焼く。
3 醤油ににんにくを加え、にんにく醤油を作り、2に添えて完成。

代謝を高める豚ヒレ肉と燃焼系食材のキムチをフュージョン

出典: 「豚ヒレ肉のピリ辛ダレ」by管理栄養士 板橋里麻さん

豚ヒレ肉は、蒸し焼きでカロリーを抑えつつジューシーに。タレには燃焼系食材のキムチをIN!

【材料(2人分)】
豚ヒレ肉 200g
小ねぎ 適量
サラダ油 大さじ1/2
塩麹 大さじ1
こしょう 少々

[ピリ辛ダレ]
キムチ(みじん切り) 40g
ポン酢 大さじ1
ラー油 小さじ1
白ごま 少々

【作り方】
1 豚ヒレ肉に塩麹とこしょうをまぶして15〜30分ほどおく。
2 フライパンに油をひき、1の表面を強火で焼き付ける。
3 2をアルミホイルで包み、100mlの水と一緒に鍋に入れ蓋をして弱火で15~20分蒸し焼きに。スライスし、ピリ辛ダレをかけて完成。

キレイを応援♡野菜をたくさん食べられる塩麹鍋

次にご紹介するのは、ヘルシーで美味しい塩麹鍋。野菜を美味しくたっぷり食べられるから、ダイエット中の人にも、一人暮らしの人にも◎!

旨味を存分に味わえる出汁と塩麹の組み合わせ

出典: 「塩麹鍋」byフードスタイリスト 岩木みさきさん
  • 1/3ページ
  • 1
  • 3

関連記事&キーワード