ビールに日本酒、ハイボール♡晩酌のお供レシピはお弁当にも◎!

GOURMET HOLICS編集部 2018.11.4

今夜は家でまったりおうち飲み。せっかくおつまみを作るなら、少し多めに作ってお弁当のおかずにリメイクできれば、時間とお金の節約になって一石二鳥ですよね。そこで今回は、お弁当のおかずとしても活躍してくれる晩酌おつまみレシピをご紹介します。どれも手間なくできるので、試してみたくなること間違いなしです。

【材料】
豚肩ロースかたまり肉 300g
粗塩 大さじ2
胡椒 少々

【作り方】
1 豚肩ロースかたまり肉に、粗塩、胡椒をまぶし、冷蔵庫でひと晩置く。
2 室温に戻し、蒸気の上がった蒸し器で30分蒸し、そのまま20分置く。
3 厚めにスライスする。

ゆで鶏

出典:

調味料と鶏肉を密閉袋に入れて茹でるだけという簡単な手順ながら、見た目も豪華でおうち飲みのメイン料理としてぴったりのレシピ。合わせるお酒によって、タレのほかポン酢や塩でも美味しくいただけます。お弁当に入れる際はご飯の上にのせてカオマンガイ風にしても◎。

【材料】
A
鶏もも肉 1枚(約300g)
塩 ひとつまみ
日本酒 大さじ1
生姜スライス 1枚

・タレ
生姜すりおろし 適量
オイスターソース 大さじ1
肉汁 大さじ1

ポン酢、塩 適量
香草や薬味 適量

ファスナー付きの密閉袋 2枚

【作り方】
1 密閉袋にAを入れ軽く揉み、空気が入らないように閉め、さらに袋に入れ二重にして閉める。
2 大きめの鍋にひたひたの水と1を入れ、蓋をして弱火で沸騰直前まで加熱し、そのまま30分くらい置く。
3 袋から鶏肉を出しスライスする。袋の中の肉汁はタレに合わせる。

酢鶏

出典:

黒酢と醤油の甘酸っぱい味付けで、男性ウケするおつまみです。ほどよくこってりした味わいが、ビールやハイボールなどと相性ばっちり。上新粉を使うことでサクッと仕上がるので、タレと絡める前の唐揚げのままでも立派なお弁当のおかずになります。

【材料】
鶏肉(唐揚用) 300g

A
胡椒 少々
醤油 大さじ1
黒酢 大さじ1/2
粗塩 小さじ1/3
生姜(すりおろす) 大さじ1
上新粉 大さじ1
揚げ油 適量

B【1人分/唐揚げ4個分】
黒酢 大さじ1
醤油 大さじ1/2
酒 大さじ1
はちみつ 大さじ1/2
胡椒 少々

【作り方】
1 鶏肉を、混ぜたAに30分漬けておく。
2 揚げる直前に水気を切り、上新粉をまぶす。160〜170度の揚げ油で揚げる。
3 別の鍋にBを入れて火にかけ、煮立ったら2の唐揚げを4個加え、煮絡める。あればにんにく1片(分量外)を叩き、火を止めてから加えて混ぜ、香りをつける。

おつまみレシピを活用して、お弁当作りを楽ちんに♡

出典:

お酒に合う味付けのおつまみは、レシピによっては次の日のお弁当のおかずとしても大活躍! そのままお弁当箱に詰めるだけでもOKなのはもちろん、野菜などを足して仕上げだけ翌朝に行うもなどリメイクも楽しめます。晩酌用のおつまみを少し多めに作ることで、朝のお弁当作りの手間が減る分、ゆっくり晩酌を楽しめちゃうかも♡ 

  • 3/3ページ
  • Icon paging first
  • 1
  • 3

関連記事&キーワード