卵料理の基本をおさらい♡シンプル is ベストな卵レシピ7選

GOURMET HOLICS編集部 2019.7.8

卵は、低糖質・低カロリーで栄養素をバランスよく含んでいる優秀食材。価格も安定しているので、朝食からおつまみ、お弁当まで気軽に使いやすいのも魅力です。「卵料理は簡単」だと侮りがちだけど、ひと手間加えるだけで劇的においしさがアップするんです。今回は、目玉焼きやオムレツ、ポーチドエッグを使ったエッグベネディクトまで、卵を使った料理の基本レシピを紹介します。

1 ボウルに卵を割り入れ、Aを加えてよく混ぜ合わせる。

出典:

2 明太子は1cm幅に切る。卵焼き器をよく熱してサラダ油を多めに入れて、1の卵液をお玉1杯注ぎ、手前に明太子を並べて手前から巻く。
3 卵液を加えながら巻き、卵液がなくなるまで繰り返す。

ふわとろオムレツ

出典:

定番の卵料理の中でもハズせないのが、ふっくら&クリーミーなオムレツ。外はふんわり、中身はとろとろのオムレツがあれば、野菜やパンを添えるだけでホテルみたいな朝食が完成します。上手に仕上げるポイントは、卵は泡立たないようによく混ぜて、弱火で火を通すこと。プレーンなオムレツ作りをマスターすれば、ケチャップはもちろんデミグラスや和風などソースをアレンジしたり、ひき肉を入れてボリューム満点に仕上げたりするなど、バリエーションの幅が広がります。

【材料(1〜2人分)&作り方】
卵 3個
バター 10g

A
生クリーム 大さじ1
塩 小さじ1/4
胡椒 少々

出典:

1 ボウルに卵を割り入れ、Aを加えてよく混ぜ合わせる。泡立て器をボウルの底にあて、泡立たないようによ〜く混ぜて。卵のこしがなくなるまでよく混ぜ合わせるのがポイント。

出典:

2 フライパンにバターを入れて弱火で溶かし、泡立ってきたら1を加え、箸で軽く混ぜながら半熟になるまで弱火にかける。使用するフライパンは直径18㎝程度がちょうどよい大きさ。
3 卵のふちが固まってきたら内側に寄せる。

出典:

4 手前のふちを箸で持ち上げて卵を折りたたみ、卵全体を奥に寄せる。

出典:

5 奥の卵のふちを箸で折り返し、卵のとじ目が下に来るように、器に移し入れて完成。

  • 3/6ページ
  • Icon paging first
  • 1
  • 3
  • 5

関連記事&キーワード