気に入ったお酒は購入可!呑べえの聖地・都内の「角打ち」9軒

GOURMET HOLICS編集部 2019.5.17

「角打ち(かくうち)」というと、ひと昔前は日本酒のイメージがありましたが、最近では自然派ワインやクラフトビールなどを味わえる、ちょっとおしゃれな角打ちも登場しています。そこで今回は、女性でも気軽にふらりと立ち寄れる都内の角打ちの店を、おしゃれなお店からちょっとディープな老舗までまとめてご紹介。ぜひ、お気に入りを見つけてくださいね。

知っているようで実は知らない……「角打ち」ってそもそも何?

最近耳にすることが多くなった「角打ち(かくうち)」ですが、きちんとした意味はよく知らないという人も多いのでは? 角打ちとはもともと、酒屋で購入した升酒を店頭で飲むことを意味する言葉でした。名前の由来は、四角い升の角に口を付けて飲むから、店の角で一杯やるからなど諸説あります。それが転じて、酒屋の店内の一角でその店で買った酒を飲むことや、そういうことができる場所を指すようになりました。

恵比寿:Liquor Shop NIGHT OWL(ナイトオウル)

出典:

「Liquor Shop NIGHT OWL(ナイトオウル)」は、「グラウラー」と呼ばれる耐圧リユースの容器を使って、樽生のクラフトビールやワイン、シードルをサーバーから量り売りするお店。ほぼ全ての酒類&ノンアルコールが500円から有料試飲可能です。ほかにも日本酒、ウイスキー、ラムやクラフトジンなどがラインナップされています。

出典:

今日のタップが6つあり、タイプの違うクラフトビールやシードルなどを飲み比べできます。味わいを知ってもらうことが目的のため、最高のコンディションで提供されるのも嬉しい♡ 日本ではまだ珍しい、グラウラーも購入可能です。

恵比寿:WINE SHOP&BAR 3amours(トロワザムール)

出典:

自然派ワインのインポーター・BMOが2006年からオープンした「WINE SHOP&BAR 3amours(トロワザムール)」。ワインショップにバーが併設されており、購入したボトルも持ち込みOK。立ち飲み以外に座れるカウンター席もあります。壁には生産者のサインなども飾られており、雰囲気も抜群!

出典:

インポーターが手がけているだけあって、ここでしか味わえないレアなワインも! ワインにぴったりなおつまみパンやチーズ、シャルキュトリーは名店とコラボ。好みのワインを探しつつ、食事も楽しめるおしゃれな角打ちです。

赤羽:角ウチ 三益(みます)の隣

  • 1/4ページ
  • 1
  • 3

関連記事&キーワード