ハーブの出汁が染みる♡ゴロゴロ野菜が美味しい本格ポトフレシピ

GOURMET ViVi編集部 2017.9.10

暑い毎日が続いてバテてきていませんか? 夏の終わりのココロとカラダにじんわ〜り染みるのがお野菜たっぷりのポトフ♡ 料理上手なViViモデル・瑛茉ジャスミンのレシピは簡単に本格的なポトフができる秘策がたくさん。パートナーにもぜひ食べさせてあげたい♡

  • facebook
  • twitter

ハーブの出汁がクセになる、ゴロゴロ野菜のポトフ

暑いからと、アイスコーヒーやかき氷などつめたいものばかり摂っていると胃腸まで冷えきってしまうもの。野菜たっぷりのポトフでじんわ〜り温めましょ♡ ポトフといえば、おなじみの野菜を煮込む、ビギナーでも安心のレシピですが、今回は「ハーブ」を使ってワンランク上の味を目指します! じっくり煮込んでいるあいだは、パートナーとおしゃべりしたり、好きな本を読んだり……。時間をうまく活用できるのも嬉しいところ。料理を作ることも食べることも楽しくなる瑛茉ジャスミン流のもてレシピをご紹介します!

「ん?なんか美味し♡」差がつくポトフの作り方♡

ごろごろ野菜と忘れちゃいけないハーブ類と……材料はコレ!(2人分)

牛スネ肉  450g
セロリ  1本(葉と茎に切り分けておく)
人参  1本
玉ねぎ  1個
じゃがいも  2個
キャベツ  1/4個
にんにく  ひとかけ

固形コンソメ  1個
昆布茶(粉末) 小さじ1

ブーケガルニ(乾燥パック) 2個
クローブ  4本

塩・こしょう 各適量
水 800~1000mlを目安に

出典: 牛すね肉&ごろごろ野菜&ハーブ類

『差をつける』調理ポイント3

1 野菜はごろごろ感を演出するサイズ感! 
野菜は全てナイフとフォークを使って食べることを前提に、大きめにカットする。小さい野菜なら切らなくてもOK。
2 セロリの葉を出汁に使う!
わりと処分してしまうことが多いセロリの葉からもイイお出汁が出るんです。これを活用しないのはもったいない。葉と茎を分けておき、葉をハーブとともに入れて出汁をとる。
3 牛すね肉で旨味と高級感を!
今回のポトフのテーマは「レストラン仕様の本格派」味わいはもちろんのこと見た目にもこだわりたい。ということで牛すね肉を使用。見た目がグググーンと大人仕様に! 煮込み料理によく使われる牛すね肉だけあって美味しさは言うことなし♡

旨味を引き出し、じわっと染みるポトフを作るには……

1 牛すね肉を一口大に切り、やや多めに塩・こしょうをふる。
2 1とセロリの葉、ブーケガルニが浸る程度の水を鍋に入れて沸騰したら中火で10分煮る。

出典: ハーブとセロリの葉で出汁をとる

3 野菜は大きくカットするのが瑛茉ジャスミン流。玉ねぎ、人参は皮を剥いて縦半分に切る。じゃがいも、にんにくは皮を剥く。セロリは大きめに切る。
4 3で1/2にカットした玉ねぎの中央にクローブを2つずつ挿す。

出典: 玉ねぎ中央にグイッとクローブを挿す

5 2の鍋に4、3を入れ、具材がひたひたになるまでお水を足して、中〜弱火で10分煮る。
6 固形コンソメ、昆布茶、縦半分に切ったキャベツを入れてさらに中〜弱火で10分煮る。じゃがいもに火が通ったら味見をして完成!

出典: ゴロゴロ感でレストラン仕様に!
  • page 1 of 2
  • 1

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

FEATURE特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

GOURMETグルメ

TOTALすべての記事