変幻自在なダイエット食材「豆腐」の絶品レシピでらく〜に痩せる

GOURMET HOLICS編集部 2017.12.26

脂質・糖質制限が厳しいダイエット中は、なにかとストレスが溜まりがち。そんなつらい時期だからこそ、少しでもおいしいものを食べてストレスを発散したいですよね。今回は、ダイエットメニューの定番素材『豆腐』を使ったレシピをご紹介。おいしいレシピを活用して、つらいダイエットを乗り切りましょう!

【作り方】
1 小松菜は3~4㎝長さに切り、しそは粗くちぎり、なすは縦半分に切ってから7~8㎜厚さの斜め切りにする。しょうがはせん切りにする。さば水煮は酒をかけておく。
2 フライパンにごま油としょうがを入れて中火で熱し、ひと口大にちぎった豆腐を加えて焼く。なすと小松菜を加えてさっと炒め合わせたらさばを汁ごと加え、ふたをして蒸らしながら火を通す。
3 なすがしんなりしてきたら、ふたを取ってしそを加えて大きく混ぜ、しょうゆと塩、こしょうで味を調え、最後に溶きほぐした卵をまわし入れて、半熟くらいで火を止める。

さばの動物性たんぱく質と豆腐の植物性たんぱく質のバランスが◎

出典:

「たんぱく質で筋肉がつくのはちょっと……」とためらわれるかもしれませんが、余計な脂肪をほどよい筋肉に置き換えるのも大切。同時に栄養価もUPするので、何かと栄養が偏りがちなダイエット中にぴったりの一品なんです!

『野菜とハトムギのしょうがスープ』でやせやすい体質に♡

出典:

豊富な栄養素や食物繊維が決め手となる、ダイエット向きのスープ。チンゲンサイはビタミンC・Eとβカロテン、えのきはビタミンBと食物繊維を多く含んでいます。

【材料(2杯分)】
たまねぎ 1/2個
チンゲンサイ 1束
絹豆腐 1/3丁
えのき 1/3袋
ハトムギ 大さじ1
小ねぎ 少々
しょうが 好みの量
中華スープの素 小さじ1
塩・こしょう 少々
水 400ml

【作り方】
1 たまねぎは薄切りにし、チンゲンサイ、えのきは2~3㎝の長さにカット。小ねぎは小口切りに。
2 鍋に水、ハトムギ、えのき、たまねぎを加え火にかけ、沸騰したら中華スープの素、チンゲンサイ、豆腐を入れ一煮立ちさせ、しょうが、小ねぎを加え、塩こしょうで味付ける。

豊富な栄養素と食物繊維でむくみ改善・やせやすい体をゲット!

出典:

ハトムギはむくみを改善する効果があり、アクセントとなるしょうがには体を温める効果があります。さらに豆腐を加えることで、植物性たんぱく質と大豆イソフラボンを効率的に摂取。ダイエット中に不足しがちな栄養素をチャージしながらデトックス効果も期待できる、ダイエット中の女子におすすめしたい一品です!

豆腐と野菜でおいしくダイエット!『秋野菜の塩麹揚げ』

出典:

大切な栄養素であるビタミンやミネラルなどが含まれているため、ダイエット中も積極的にとりたい野菜。野菜だけでは物足りなさがありますが、豆腐を加えることで腹持ち感もアップします!

  • 2/4ページ
  • Icon paging first
  • 2
  • 4

関連記事&キーワード

この記事のキーワード