簡単「作りおき」でお弁当作りをラクチンにする副菜レシピ10

GOURMET HOLICS編集部 2018.6.24

お弁当作りが面倒なのは、朝になってからいろいろおかずを作ろうとするから。前の日や週末の作りおきで、お弁当作りは格段にラクチンになります。簡単でヘルシーな副菜のレパートリーを増やして、どんどん「作りおき」しちゃいましょう。フードコーディネーターのSHIORIさん流きんぴらも!

出典: 明太子の塩気だけでもOK

【材料】
じゃが芋 2個
明太子 1/2腹(1本)
サラダ油 大さじ1
塩 少々

【作り方】
1 じゃが芋は5㎜角の細切りにして水にさらす。
2 明太子は皮を取る。
3 フライパンにサラダ油を熱し、水けをきった1を炒める。火が通ったら2を加え、塩で味を調える。

9 常備野菜で洋風きんぴら『にんじんとツナのきんぴら』

出典: しっかり混ぜながら炒めて卵をポロポロに

【材料】
にんじん 1本
ごま油 大さじ1
ツナ缶 小1缶
溶き卵 1個分
しょうゆ 小さじ1/2
塩 適量

【作り方】
1 にんじんは4~5㎝長さの細切りにする。
2 フライパンにごま油を熱し、にんじんを炒める。しんなりしたら、軽く油をきったツナ缶、溶き卵を加えて炒める。卵がぽろぽろになったら、しょうゆ、塩を加えて味を調える。

10 ほんのりとした甘さが魅力の『さつま芋のきんぴら』

出典: 大学芋のあっさり版!?

【材料】
さつま芋 1本(300g)
サラダ油 大さじ1強
しょうゆ 大さじ1強
砂糖 大さじ1と1/2
黒いりごま 大さじ1/2

【作り方】
1 さつま芋は5㎜角の細切りにして水にさらす。
2 フライパンにサラダ油を熱し、水けをきった1をサッと炒める。ふたをして弱めの中火で3~4分蒸し焼きにする。
3 さつま芋に火が通ったら、しょうゆ、砂糖を加えて煮からめ、黒いりごまをふる。

出典: 素材の色がそのまま活きる副菜を使ったお弁当

副菜の色には、素材の色がそのまま活きてきます。栄養と色のバランスを取りながら上手に組み合わせて、見た目も楽しいお弁当にしたいですね。

  • 3/3ページ
  • Icon paging first
  • 1
  • 3

関連記事&キーワード