簡単「作りおき」でお弁当作りをラクチンにする副菜レシピ10

GOURMET HOLICS編集部 2018.6.24

お弁当作りが面倒なのは、朝になってからいろいろおかずを作ろうとするから。前の日や週末の作りおきで、お弁当作りは格段にラクチンになります。簡単でヘルシーな副菜のレパートリーを増やして、どんどん「作りおき」しちゃいましょう。フードコーディネーターのSHIORIさん流きんぴらも!

かぶや大根などの根菜の葉っぱも、立派な副菜になります。大き目にカットすればおかずの一品に。小さ目に刻んで「ふりかけ」のようにご飯にかけても◎。

【材料】
かぶの葉 100g
オリーブ油 小さじ1
醤油、みりん 各小さじ1
削り節 1パック

【作り方】
1 かぶの葉は5㎜幅に刻む。
2 オリーブ油で1を炒め、醤油、みりんで調味し、火をとめて削り節を加えて混ぜる。

ヘルシー副菜“SHIORIさん流きんぴら”を作りおき♡

フードコーディネーターのSHIORIさん流のきんぴらは、メインになる野菜に合わせて味付けも調整。素材の特徴を活かした6種類のきんぴらレシピはコチラ。

SHIORI フードコーディネーター

1984年生まれ。『彼ごはん』シリーズが360万部突破の大ヒット。『何度でも作りたくなるかんたん朝ラク弁当』『the定番 これ、おいしいね!』も好評発売中。代官山のアトリエL’ATELIER de SHIORIでは料理教室の他、さまざまなイベントやワークショップを開催中。

5 色鮮やかな『赤パプリカのゆずぽんじゃこきんぴら』

出典: 色のアクセントとしても大活躍

【材料】
パプリカ(赤) 1個
サラダ油 大さじ1/2
ちりめんじゃこ 大さじ3
ぽん酢 大さじ1と1/2
みりん 大さじ1
ゆずこしょう 小さじ1/3

【作り方】
1 パプリカ(赤)は7~8㎜幅の細切りにする。
2 フライパンにサラダ油を熱してを炒める。
3 軽くしんなりしたらちりめんじゃこ、ぽん酢、みりん、ゆずこしょうを加え、汁けがなくなるまで炒める。

6 香り豊かな素材のコラボ『たけのこの梅おかかきんぴら』

出典: 水煮を活用すれば一年中たけのこを味わえます

【材料】
たけのこ(水煮) 200g
梅干し 1~2個
しょうゆ、みりん 各大さじ1
サラダ油 大さじ1/2
かつお節 1パック

【作り方】
1 たけのこ(水煮)は5㎜幅のくし形に切る。
2 梅干しは種を取ってたたき、しょうゆ、みりんと合わせる。
3 フライパンにサラダ油を熱し、1の両面に焼き色をつける。2を加えて汁けがなくなるまで炒め合わせ、かつお節をふってからめる。

7 しらすをプラスしてカルシウムもたっぷり『緑のきんぴら』

出典: 緑の鮮やかさを残して炒めるのがポイント

【材料】
いんげん 1袋
アスパラガス 4本
オリーブオイル 大さじ1
みじん切りのにんにく 適量
ゆでてさやから出した枝豆 1/2カップ
しらす 大さじ3
塩、粗びき黒こしょう 各適量

【作り方】
1 いんげんはへたを落として3等分に切る。アスパラガスは2㎝長さの斜め切りにする。
2 フライパンにオリーブオイルとみじん切りのにんにくを熱し、いんげんとアスパラを炒める。色鮮やかになったら、ゆでてさやから出した枝豆、しらすを加えてサッと炒め、塩、粗びき黒こしょうで味を調える。

8 プチプチでじゃが芋をコート『じゃが芋の明太きんぴら』

  • 2/3ページ
  • Icon paging first
  • 2

関連記事&キーワード