皮ごと、丸ごと♡目にも鮮やか「カラフル野菜」が一番のごちそう

GOURMET FRaU編集部 2017.7.21

赤やオレンジ、緑など色鮮やかな見た目で食卓を華やかにしてくれるカラフル野菜。カラフル野菜は、ソースがあれば蒸したり焼いたりするだけでおいしい料理が完成するシンプルフードでもあるんです。難しいプロセスはなく、時間がないときでも簡単に作れるのに、手抜きに見えない華やかでフォトジェニックな一品料理は、ホームパーティーやおもてなしの席にもピッタリですよね。お家でもお店でも、カラフル野菜がある食卓なら、心も体も満足すること間違いなし!

  • facebook
  • twitter

簡単に調理ができて、栄養価も◎なカラフル野菜は、心と体をリフレッシュさせてくれるシンプルフードかつパワーフード! 強い日差しなどで知らず知らずのうちにダメージが蓄積している夏にこそ積極的に取り入れたいおすすめ食材なんです。

カラフル野菜で作るイチ押しメニュー「バーニャカウダ」

赤や紫の根菜など色鮮やかな旬の野菜を用意すると◎

出典: バーニャカウダ

ソースさえ作っておけば、あとはカットした生野菜や、蒸したり焼いたりした野菜を添えるだけ。「野菜って改めて見ると、色も形も美しい。色のきれいな紅芯大根などは薄く輪切りにして。葉つきにんじんはそのまま縦割りに。辛みのある紫玉ねぎや、硬い根菜は、オーブンで焼くか蒸すと味が凝縮しておいしくなります」と出張料理人の岸本恵理子さん。マッシュルームや菊芋は生のままで食べられるという話題も盛り上がりそう。

おしゃれ野菜はファーマーズマーケットが狙い目

「黄色のにんじんやグリーンのトマトといった色合いが美しい野菜は、なかなか近所で手に入りにくいかも。自然農法の農家で作られていることが多いので、今回は青山ファーマーズマーケットや、個人宅配『ポム・ド・テール』を利用しました」

岸本恵理子さん 出張料理人

人呼んで、“流しの出張料理人”。全国津々浦々、呼ばれた場所で料理をしている。修業していたイタリアで学んだレシピをベースにした料理にファンが多い。

自社畑でカラフル野菜をつくる「WE ARE THE FARM 恵比寿」

畑の風景を彷彿させるフレッシュな朝穫れ野菜が山と盛られたボード

出典: 本日収穫 畑の鉄板焼きバーニャカウダ3500円(要予約) 

店で使う野菜は千葉県佐倉市にある自社畑で無農薬、無化学肥料で栽培する固定種。品種の交配などを行っていない固定種には、「甘い」だけにとどまらない野菜本来の味があるのが特徴です。必食は要予約の「鉄板焼きバーニャカウダ」。葉野菜は生で、黒田五寸にんじんは皮付きのまま鉄板で焼くなど、それぞれの味が引き立つ調理法で。クリーミーなソースと合わせれば、ワインとも好相性です!

出典: 店自慢の野菜たち

黒田五寸にんじん、世界一トマト、黒丸大根、奥州たまねぎ、土垂(里芋)、紅菜苔など、自社農園で栽培する野菜の中にはほかではなかなかお目にかかれない珍しいものも多数。店休日には店舗の調理、サービススタッフも畑に出向いて農作業を行い、野菜のおいしさとともに農の大切さも伝えてくれます。

  • page 1 of 3
  • 1
  • 3

この記事のキーワード

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

FEATURE特集記事まとめ

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

HOLICS ORIGINALSオリジナル特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

GOURMETグルメ

TOTALすべての記事