レトロな雰囲気が“心地良い”♡今行きたい東京の喫茶店10選

GOURMET HOLICS編集部 2019.8.26

丁寧に淹れられたコーヒーやナポリタンスパゲッティ、プリンなど懐かしいメニューが揃い、ノスタルジーな雰囲気に浸れる「喫茶店」が今注目を浴びています! 待ち合わせにも、お一人様でも、お酒を飲まなくても、美味しい食事やスイーツを楽しめるのが喫茶店の良いところ。今回は老舗の名店からニューオープンの注目店まで、レトロな喫茶店をご紹介します。おしゃれなカフェやトレンドフードも良いけれどたまには喫茶店に出掛けてみては?

昭和を感じる老舗からニューカマーまで!懐かしの喫茶店が密かなブームです♡

昭和の時代には街のあちこちにあった喫茶店。時代の移り変わりとともに「カフェ」と呼ぶべきおしゃれなお店が増えましたが、それでも変わらずに営業を続ける昔ながらの喫茶店も存在します。さらには、あえてレトロテイストを取り入れた喫茶店もオープンするなど、今、喫茶店が密かなブームの兆しなんです!

西荻窪:村田商會(ムラタショウカイ)

出典:

西荻窪にある「村田商會」は、元々は純喫茶で使われていた家具や什器、食器などを扱うネットショップとしてスタート。しかし、大の喫茶店好きのオーナーが、40年以上続いた“喫茶POT”の店じまいを知り、2018年12月にそのままの形を残して喫茶兼家具ショップとして再出発しました。オーナーの喫茶店愛がぎっしり詰まった、新しくも懐かしい空間が広がります。

出典:
出典:

喫茶メニューはブレンドコーヒー、クリームソーダ、ナポリタンやピザトーストといったザ・王道の喫茶店メニューがラインナップ! ベーコン、ピーマン、マッシュルームなどを使った正統派のナポリタンは太めの麺のもっちりとした食感が特徴です。バニラアイスがトッピングされたクリームソーダやコーヒーフロートもそそられます♡ 

有楽町:ネオ喫茶KING(キング)

出典:

古くから喫茶店文化が根付く有楽町エリアに2019年3月にオープンした「ネオ喫茶KING」。カレーやサンドイッチ、ナポリタン、コーヒーなどの定番メニューを、フードシーンを牽引する東京の人気シェフがアレンジして再構築する「食のセレクトショップ」です。親しみやすいのにきちんと贅沢、ノスタルジーさを残しながらもポップな雰囲気の店内は、大人だからこそ楽しめる空間となっています。

出典:
出典:

鎌倉市七里ヶ浜にあるハワイアンプレートランチをコンセプトにしたドライブインカフェ・Pacific DRIVE-INの人気メニュー・バターミルクパンケーキや、アイスクリームダイナー・BIG BABY ICE CREAMが監修した自家製KINGクリームソーダなど、人気シェフ達の逸品が1つのお店で味わえます。

  • 1/5ページ
  • 1
  • 3

関連記事&キーワード

この記事のキーワード