お家で本場気分が味わえる!超簡単辛ウマ「韓国料理」レシピ4

GOURMET HOLICS編集部 2019.7.6

季節に関係なく、無性に食べたくなる辛い料理。そんなときは、ピリッと効いた唐辛子や香り高いごま油、旨味たっぷりの味噌などを使った「韓国料理」がおすすめ! 今回はお家で簡単に作れる韓国料理のレシピを厳選してご紹介。ひとりごはんはもちろん、ホームパーティーのメニューにもぴったりです♡

日本人にもなじみの深い韓国料理。「ピリっとした辛ウマさにハマってる!」という人も多いはず。韓国料理はレストランで食べる機会が多いかもしれませんが、実は家でも簡単に作れちゃうんです。みんなでワイワイ囲んで食べられるものも多いから、分量を少し多めにすれば、ホームパーティーなどでも活躍してくれます♡

キムチ雑炊

出典:

味噌ベース+キムチのパンチが効いた「キムチ雑炊」は、ちょっとピリ辛で女子も男子もハマる味。豚ばら肉から旨味を引き出して、味噌とキムチで味つけしたスープが決め手です。材料を切って煮るだけという簡単さながら、具だくさんで大満足♡ 疲れて帰った夜も簡単に作れます。そのほか、飲んだ後の〆ごはんとしても◎。薬味としてトッピングしたパクチーも韓国風の味つけとマッチして、意外なおいしさがクセになります。

【材料(2人分)】
豚ばら薄切り肉 80g
白菜キムチ 100g
長ねぎ 1/2本
生しいたけ 2枚
パクチー 適量
卵 1個
ごはん 200g

A
味噌 大さじ1
醤油 大さじ1
鶏がらスープの素(顆粒) 大さじ1
水 600ml

【作り方】
1 長ねぎは1cm幅の斜め切りに、しいたけは5mm幅の薄切りにする。パクチーはざく切りにする。豚肉は4cm幅に、キムチは食べやすく切る。卵は溶きほぐす。Aを合わせておく。
2 鍋を熱し、油は引かずに豚肉を入れ、中火で焼きつける。少し焼き色がついたら、A、 長ねぎ、しいたけ、キムチを加える。
3 煮立ったらごはんを加え混ぜる。再び煮立ったら、卵を少しずつ流し入れる。卵に火が通ったら器に盛り、パクチーをのせる。

チャプチェ丼

出典:

にんにくとピリッとした豆板醤が効いた甘辛味で、ごはんがどんどん進むこと間違いなしの「チャプチェ丼」。豚ひき肉や野菜などの食材を炒める際にごま油を使うことで香ばしさが引き立ち、男子ウケも抜群です。春雨を使用するため、ボリュームたっぷりなのにカロリーも低めで、ダイエット中のメニューとしてもおすすめです。

【材料(2人分)】
豚ひき肉 100g
春雨 50g(湯で戻しておく)
にんにくのみじん切り 小さじ1/2
しょうがのみじん切り 小さじ1
長ねぎのみじん切り 5cm分
ニラ 1本
豆板醤 小さじ1弱(好みで調節を)
酒 大さじ1
オイスターソース 小さじ1
醤油 小さじ1
ごま油 大さじ2
ごはん 2杯分
白ごま 適量

【作り方】
1 春雨は湯を切って食べやすい長さにざく切りする。ニラは3cmの長さに切る。
2 フライパンに、ごま油と豚ひき肉を入れて中火でしっかりと炒める。にんにく、しょうが、ねぎを加えて、香りが出てきたら豆板醤を加える。
3 2に春雨を加えて、酒、醤油、オイスターソースで調味する。ニラを加えてさっと炒め合わせ火を止める。
4 器にごはんを盛り、3をかける。白ごまを散らす。

キムチチーズ鍋

出典:

発酵食品同士で相性抜群の「キムチチーズ鍋」は、具材を切って煮込むだけと簡単ながら「すぐ食べたい」気持ちを満たしてくれる一品。キムチの素であるヤンニョムには、唐辛子のほかににんにくやしょうがなどいろいろな薬味が入っているから、味噌とコチュジャンに足すことで奥深い味わいが手軽に楽しめます。ごはんにスープをかけてもGOOD! 白菜キムチはキッチンばさみで切れば、まな板が汚れず便利ですよ。

【材料(1人分)】
豚ばら薄切り肉(しゃぶしゃぶ用) 80~100g
エリンギ 大1本
だし汁 300ml

A
味噌 大さじ1/2
コチュジャン 大さじ1

白菜キムチ 40~50g
ピザ用シュレッドチーズ 20g
万能ねぎ 適量
白いごはん 適宜

【作り方】
1 エリンギは乱切りに、豚肉は食べやすく切る。キムチも切る。
2 ひとり用の鍋にだし汁を沸かし、Aで味つけする。豚肉とエリンギを加えて中火で煮る。あくを取り、火が通ったら、キムチを加えてチーズを散らす。ひと煮立ちしたら、小口切りにした万能ねぎを散らす。好みでごはんを添えて。

サムギョプサル

出典:
  • 1/2ページ
  • 1

関連記事&キーワード