暑い夏ものりきれる♡舌福な「うなぎの名店」11@東京

GOURMET 2018.7.1

“土用の丑の日”といえば、うなぎ。東京にはグルメな有名人も行きつけの名店が、たくさんあります。「今年は価格が高い」と言われていますが、せっかくだから奮発してでも食べたい! ひとくち食べただけでうっとりしてしまううなぎの名店をご紹介。 絶品うなぎを食べて、暑い夏を乗り切りましょう♡

  • facebook
  • twitter

うなぎを食べて夏を元気に乗り切ろう!

出典:

「土用の丑の日」は理にかなっていた! 夏バテにはうなぎを。うなぎはビタミンA、B1、B2がとれ、栄養豊富で夏バテにぴったり。

VOCE2018年7月号

7月20日は、“土用の丑の日”! うなぎにはビタミンAやビタミンB群など、疲労回復や食欲増進に効果的とされる成分が多く含まれているので、夏の盛りに食べると元気に過ごせると言われています。そこで今回は、著名人たちが愛する老舗からイマドキなお店まで、東京にあるうなぎの名店をご紹介! どれも美味しそうで、読んでいるとお腹が鳴ってしまうかも!?

1 50年以上の伝統を持つ「ふじもと」(北参道)

出典:

「昔は対局中にも外に出られてね。東京将棋会館道場からよく食べに行っていたものです。今は出前を取るんだけど、こんなにおいしい出前うなぎはない。昼食にとると夜まで元気に闘えます」(将棋棋士 加藤一二三さん)

FRaU2017年4月号

50年以上変わらない味が楽しめる

出典: うな重 竹(¥3100)、肝焼き(¥350)

加藤九段のお墨付きでもあるこちらは将棋会館に近く、多くの棋士が愛する店。キリリと甘くないたれとふんわり焼けたうなぎが秀逸だ。しかも、ごはんは近所の米屋さんが毎朝精米したてを届けてくれる、見事な粒立ちの名脇役。約50年の歴史があり、たれとともに守られ続けてきたぬか漬けまでおいしい一店!

FRaU2017年4月号

「ふじもと」は、将棋会館から近いこともあり、棋士たちが愛するお店として有名。レトロな雰囲気でいっぱいの店内は、いつでもお客さんで大賑わい。その理由は何といっても美味しいうなぎが食べられるから! ぜひ“ひふみん”の勝負メシを、味わってみて。

SHOP DATA
ふじもと
東京都渋谷区千駄ケ谷3-15-12 TEL:03-3401-6551(11:30~15:00 17:30~21:00 土曜11:30~15:00 日曜・祝日休)

2 ワインとうなぎのマリアージュ。「うなぎ藤田」(白金台)

出典:

国産ワインとともに味わう名品

  • page 1 of 6
  • 1
  • 3

HOLICS編集部

この記事のキーワード

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

FEATURE特集記事まとめ

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

HOLICS ORIGINALSオリジナル特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

GOURMETグルメ

TOTALすべての記事