使いこなしてお店の味を再現♡『ローズマリー』活用レシピ10選

GOURMET HOLICS編集部 2019.2.16

ローズマリーは、「入れるだけ」で料理の味がレベルアップする魔法の(!?)ハーブ。肉や魚の臭み消しとして使うのが一般的ですが、ほんのり香りづけに使えばお店の味にグッと近づきます。そこで今回は、サブ的調味料として扱われがちなローズマリーを使ったレシピをピックアップ!

【材料(2人分)】
なす 1本
黄色パプリカ 1/2個
れんこん 100g
玉ねぎ 1/4個
ローズマリー 2本
ラディッシュ 2個
鮭 4切れ
白ワイン 大さじ1
塩こしょう 少々
小麦粉 適量
オリーブオイル 適量

<A>
バルサミコ酢 大さじ4
はちみつ 大さじ1強
塩こしょう 少々

【作り方】
1 鮭に塩こしょう、白ワインをかけて下味をつけて、小麦粉をまぶします。黄色パプリカ、玉ねぎ、ラディッシュは薄くスライスし、れんこんは1cmの厚さの輪切りにして、酢水につけておきましょう。
2 フライパンに多めにオリーブオイルを引いて火をつけ、鮭、なす、れんこん、ローズマリーを加え揚げ焼きにします。
3 バットなどにAを入れ、2と玉ねぎ、黄色パプリカを加え、15分程度おいておきます。
4 器に3を盛り付け、ラディッシュを飾って完成です。

「白いんげん豆とたこのマリネ」byフードコーディネーター二宮美佳さん

出典:

【材料(2人分)】
白いんげん豆(乾燥) 80g(茹で上がり200g)
玉ねぎ 1/4個(50g)※みじん切り
にんにく 小さじ1/2 ※みじん切り
セロリ 1/4本(25g) ※粗みじん切り
茹でだこ 100g ※薄切り
ケッパー 小さじ2
ローリエ 1枚
ローズマリー 1枝

<A>
赤ワインビネガー 大さじ1
塩 小さじ1/3
エクストラバージンオリーブオイル 大さじ2
黒こしょう 適量

スティックセニョール 6本
塩 適量
エクストラバージンオリーブオイル 適量

1 一晩、水で戻した白いんげん豆を鍋に入れ、かぶるくらいの水とローリエ、ローズマリー、塩(分量外)を加えてやわらかくなるまで中火で煮ます。途中でアクが出たら取り除きましょう。そのまま冷まし、粗熱が取れたらザルにあげて茹で汁を切ります。
2 ボウルにAの材料を上から順に混ぜ合わせ、白いんげん豆、玉ねぎ、にんにく、セロリ、茹でだことケッパーを加えてマリネします。30分ほど冷蔵庫でなじませて。
3 スティックセニョールは、塩(分量外)を加えたお湯で茹でます。茹で上がったら塩を軽くふり、オリーブオイルを回しかけましょう。
4 器にマリネを盛り、3を添えて完成です。

【番外編】「万能チップ」byハーブと食文化研究家 北村光世さん

出典:

ハーブ(ローズマリー、フェンネル、マジョラム、トレビスなど)をドライにして、切り刻んだ万能チップ。そのままでもいい香りが漂いますが、鍋に水と一緒に入れて煮立てれば、部屋の消臭剤にもなります。薫製のチップとしてもおすすめ!

『ローズマリー』の独特な香りを存分に楽しんで

出典:

臭み消しだけでなく、消化促進やリラックス効果も期待できるローズマリー。たった一枝加えるだけで見栄えや味が格段にアップするので、ぜひおもてなし料理に取り入れてみてくださいね!

  • 3/3ページ
  • Icon paging first
  • 1
  • 3

関連記事&キーワード

この記事のキーワード