作り置きや常備菜にも♡食卓を彩る「パプリカ」活用レシピ7選

GOURMET 2018.8.25

色鮮やかな見た目で、サラダやマリネなど付け合わせとして使われることの多いパプリカ。でも実は、熱を加えても栄養が壊れにくかったり、栄養の吸収が良くなったりと、加熱調理との相性が良いんです。今回は、そんなパプリカを活用したレシピを7つご紹介します。カラフルなパプリカを食材に加えて、毎日の食卓に彩りをプラスしましょう。

  • facebook
  • twitter

煮る、焼く、蒸す♡パプリカを使ったレシピ

出典:

パプリカは苦味が少なく、生でも食べられますが、パプリカに含まれるビタミンは加熱しても失われにくいので、煮る、焼く、蒸す調理法とも相性抜群です。また、通年で流通しているので、季節問わず食べられるのも嬉しいポイントです。

パプリカのピクルス

出典:

パプリカを調味液と一緒に熱し、冷まして漬けておくだけのシンプルな一品。黒酢の芳醇な香りが食欲を刺激するピクルスは、サラダ感覚でいくらでも食べられちゃいます。彩りも鮮やかでお弁当のおかずとしてはもちろん、すっきりとしたスパークリングワインや白ワインのおつまみとしてもおすすめです。

【材料(作りやすい分量)】
赤・黄パプリカ 各1個

A
水 1カップ
黒酢 大さじ3
はちみつ 大さじ1と1/2
塩 小さじ1
花椒 20粒

【作り方】
1 パプリカは縦半分に切って種を取り、縦1.5㎝幅に切る。
2 鍋にAを入れて熱し、煮立ったら火から下ろし、冷ます。
3 1を2に入れ、半日以上漬ける。

牛ひき肉と野菜のピリ辛炒め

出典: 2018お料理家計簿

パプリカは油と相性が良く、油と一緒に食べることでβカロテンなどの栄養素の吸収が高まるそう。コクのある牛ひき肉に甘辛いコチュジャンが絡み、ご飯が進むこと間違いなし。ビールのおつまみとしても◎です。

【材料】
赤・黄パプリカ 各60g
ごま油 大さじ1
牛ひき肉 200g
塩 少々
胡椒 少々
豆もやし 200g
酒 大さじ1
醤油 大さじ1
コチュジャン 大さじ2
砂糖 大さじ1/2

1 赤・黄パプリカは種を除いて細切りにする。
2 フライパンにごま油を熱し、牛ひき肉を入れてほぐし炒め、塩、胡椒各少々を振る。
3 ひき肉の色が変わったら1を加えて炒め、豆もやしを加えて炒め合わせる。
4 酒、醤油、コチュジャン、砂糖を加えて全体に味が回るように炒めて仕上げる。

鶏の蒸し焼き

出典:

鶏肉に含まれる良質のたんぱく質と、パプリカのビタミンがたっぷり詰まった一品。出来立てはもちろんですが、少し寝かせることで味が均等にいきわたり、お肉がしっとりと柔らかくなります。作り置きできるので、常備菜やお弁当のおかずにもおすすめです。

【材料】
鶏もも肉 1枚(約250g)
赤パプリカ 1/2個
しめじ 1/2パック
オリーブオイル 大さじ1
酢 大さじ1 
顆粒コンソメ 小さじ1
塩、胡椒 各少々

【作り方】
1 鶏もも肉を縦横4等分に切り、しめじは石づきを取り小房に分け、赤パプリカは一口大に切る。
2 フライパンにオリーブオイルを入れ、鶏肉の皮を下にして並べ入れ、塩、胡椒を振る。中火にかける。
3 焼き目がついてきたら裏返し、顆粒コンソメ、パプリカ、しめじ、酢を加え、蓋をして弱めの中火で5分蒸し焼きにする。
4 蓋を外して全体を混ぜ、中火にして水分を飛ばす。

  • page 1 of 3
  • 1
  • 3

HOLICS編集部

この記事のキーワード

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

FEATURE特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

GOURMETグルメ

TOTALすべての記事