インスタ映えする“萌え断”サンドイッチ♡自分でできるレシピ集

GOURMET 2017.11.19

いま、インスタグラムでは“萌え断”と言われるボリューミーな具材サンドが大流行中! 「お店で買って食べるものいいけど、自分で作ったらもっとすごいのが作れそう!」ということでフォトジェニックなサンドイッチを作るアイデアをご紹介♡ 具材が一風変わっているものもあり、これは具材“増し増し”で作るしかない!

“インスタ映えサンド”は自分でも作れる!

出典:

最近、あらゆる人のインスタグラムで、断面が「これでもか!」と具材であふれたサンドイッチを見かけますよね。半分に切った断面は、通称“萌え断”と呼ばれているとか。切るときにちょっと勇気がいるけど、サクッと切って口を大きくあけて、頬張りたいボリューミーなサンドイッチ。見た目も楽しく、食べても美味しいから嬉しさも増しちゃいますよ! そんなボリューム満点のサンドイッチを自宅で作るときに覚えておきたいアイデア集をご紹介します♡

山盛りキャベツの中には具材がいろいろ詰まってる!

出典: 「もりもりキャベツのサンドイッチ」

あえてボロボロこぼしながら食べたい!? 一見キャベツだらけのサンドイッチは、実は具沢山。千切りキャベツの中に玉ねぎのスライス、みじん切りしたグリーンオリーブ、ピクルスを加えて、マヨネーズとこしょうであえたら、トーストした食パン2枚にベーコンとスライスチーズをのせ、先ほどのキャベツをとにかくタップリ挟みます。キャベツを増すことでとってもボリューミーでインパクト大のサンドイッチが完成!

苺を丸ごと使うのがポイント!切ったときに思わず歓声!

出典: 「ごろごろ苺のフルーツサンドイッチ」

そろそろ苺が出回る季節! そんないちごを丸ごと使ったサンドイッチは食事にもなるし、スイーツやデザート感覚でも食べられます。生クリームに砂糖をいれて6分立てくらいに泡立てたら、マスカルポーネチーズを入れてホイップを作り、焼いてない食パンにサンド。苺だけではなく、好きなフルーツを使ってもOK! 白いクリームに赤い苺の断面がキレイで、思わず「ワ~ッ!」ってなりますよ。

スプラウトをてんこ盛りにしてアボカドと一緒にサンド!

出典: 「スプラウトとアボカドの栄養満点サンドイッチ」

ブロッコリースプラウトはクセがなく、どんな食材にも良く合う優れモノ野菜。“野菜の王様”と言われるほど、栄養も満点です。スプラウトをタップリ使ってハム、アボカドなどを挟み、粒マスタード、マヨネーズ、ジェノバソースなどで味付して。ほんのり茶色の全粒粉の食パンなどを使うとよりおしゃれになりインスタ映え!

難しそうに見える?実は簡単なサバサンド

出典: 「サバの一夜干しサンドイッチ」

アンチエイジング効果も期待できるサバ。焼いたサバの一夜干しとレタスをトーストしたパンに挟むだけのサンドイッチは迫力満点! 味付けはマヨネーズに醤油を少し足らしたものを使用。コクのあるサバがたまりません。

色鮮やかな卵焼きを挟んでキレイ見せ

出典: 「ふっくらだし巻き卵サンドイッチ」

お店で買ったようなふわふわ卵のサンドイッチも、自宅でできちゃう! だし巻きたまご液を作り、たまご焼き専用フライパンに液を広げて焼きます。ひっくり返すときにパタンと2つ折りにすると、食パンとジャストサイズに。シンプルながらも、ボリュームがあるサンドイッチは間違いなくインスタ映え確実。ゆで卵+マヨネースのサンドイッチではなく、卵焼きを挟んだ方が写真映え的にはイマドキ!

お弁当にしても色鮮やかでインスタ映え♡

出典: 「ポークジンジャーとレタス、目玉焼きのサンドイッチ」

豚肉のしょうが焼きとシャキシャキなレタスと目玉焼きをのせてサンド。真ん中で切ったら、ほら、インスタ映えするサンドイッチのできあがり! 蓋を開けた瞬間、かぶりつきたくなるほどの見栄えによだれが……ランチの時間が楽しみになりますね。

意外な組み合わせのホットサンドもいい感じに映えます!

出典: 「かき揚げとしそのホットサンドイッチ」

和食の定番・かき揚げもサンドイッチの具に! 食パンにめんつゆを塗ってしそを敷き、その上にめんつゆを染み込ませたかき揚げを乗せて挟んでホットサンドに。意外な組み合わせですが、パンによく合い、見た目もキレイでとにかく美味しい♡ おにぎりの代わりに和風サンドイッチにするのもおしゃれ!

アメリカンなサンドイッチは、ウッド素材と好相性♡

出典: 「ピーナッツバターとジャムのサンド」

軽くトーストした食パンにピーナッツバターとブルーベリージャムをサンド。ジャムは果実がゴロゴロ入っているものがベスト。ピーナッツバターとジャムが飛び出すくらいにいっぱい塗ってインパクトをつけて! アメリカンな具材のサンドイッチは、ウッド素材のプレートにのせるとさらに写真映え。全体を渋めのトーンで統一して、大人な雰囲気を演出しましょう。

インスタ映えサンドは家にあるものでできる!

具だくさんではみ出すくらいの中身を詰めるのが、フォトジェニックサンドの基本。食パンさえあれば、缶詰を使ったり、残りもののおかずを使ってもOK! とにかくパワフルに具材挟んだモノ勝ちです。そんな迫力のあるサンドイッチを作って、さっそくアップしちゃいましょう♡

HOLICS編集部

この記事のキーワード

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

GOURMETグルメ

TOTALすべての記事