餃子ラバーは皮から手作り!アレンジ自在な絶品餃子簡単レシピ♡

GOURMET FRaU編集部 2017.11.2

とにかく餃子が好きで好きで仕方がない! 餃子の名店があるというウワサを聞けば、休日のたびに西へ東へ! そんな餃子大好き・餃子LOVERたちが辿り着いた先が「手作り餃子」なんです。手作りなら、もちろん餡のアレンジも自由自在。元々大好きな餃子に、自分好みのアレンジを加えることができるなんて、それはもう餃子LOVERにとって夢のような話! 時間のある日曜日には、作る楽しさも含めて最愛の餃子を堪能し尽くしましょう。

  • facebook
  • twitter

小麦粉の皮の中に、野菜とタンパク質が包まれている「餃子」。実はこの一品で栄養バランスが満点の“パーフェクト料理”というから、“北京の主食”というのも納得です。意外と簡単な手作りの皮にも挑戦してみれば、そのおいしさに驚くこと必至ですよ!

みんな大好きインスタグラムでも話題になるのは、食欲そそる手作りの餃子

出典: 人気インスタグラマーのMasaki Higuchiさんも餃子LOVER!

男性料理家ならではの、がつんとおいしそうな料理やスイーツの写真が満載! 特に好きという餃子率は高めで、「#樋口さんちの餃子」も要注目。おしゃれなスタイリングや、簡潔に説明されたレシピ、軽快なコメントにファンが増える一方。

日曜日は作る喜びを味わう!料理研究家ウー・ウェンさんの餃子

小麦粉と水を混ぜるだけ!自家製の皮のおいしさに驚く

出典: 手作りの皮なんて大変そう、と怯むなかれ

小麦粉と水分を混ぜるだけだから、素材も作業もシンプル。小麦粉料理の鍵は、グルテンのコントロール。つるんともっちり食感が身上の水餃子の皮は、強力粉200gに水が110㎖が基本。底はカリッと上側はむっちりした食感に仕上げたい焼き餃子の皮は、薄力粉200gに熱湯140㎖となる。

出典: つるんともっちりした皮を作ってみよう

作り方は、小麦粉をなるべく平らにならし、水分を2~3回に分けて回し入れる。入れるたびに箸で混ぜ、粉に水を吸わせる。全体に水分がなじんでから、手で表面がきれいになるまでこねれば、べたつくこともなく、手も汚れない。そして、ボウルに濡れ布巾をかけて30分ほど寝かせる。

出典: シンプルな餡に合わせたい手作りの皮

寝かした生地を4等分し、一つずつを棒状に伸ばす。それぞれ、90度ずつ回転させながら9~10個に切る。打ち粉(強力粉)はほんのひとつまみ、上から振りかけ、切り口にまぶす。上から体重をかけて平らにし、左手で生地を90度ずつ回転させながら、右手でめん棒を前後に転がすようにして、皮を約8㎝径の円形に伸ばす。

餡の基本は野菜&タンパク質。組み合わせは無限大

出典: できればひき肉は自家製がいい。
  • page 1 of 3
  • 1
  • 3

この記事のキーワード

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

FEATURE特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

GOURMETグルメ

TOTALすべての記事