とにかくウマい!スパイス香るこだわりカレーの名店10軒@東京

GOURMET HOLICS編集部 2019.9.5

ピリッとした辛さと、それに続いてやってくる複雑な味わいがクセになるカレー(curry)。さまざまなスパイスを各店がオリジナルで配合し作られたカレーは日々進化を遂げています。そこで今回は、東京都内で食べられるカレー専門店7軒とおいしいカレーを提供するお店3軒を厳選! 本場さながらの香り高く味わい深いスパイスの魅力に、ハマってしまうこと間違いなしです♡

スリランカ、南北インドetc.スパイスを巧みに使ったカレーが大人気!

「カレー」とひと言でいってもさまざまなタイプがありますが、インドやスリランカに代表される、スパイスを巧みに使ったカレーが現在の最注目株。奥深いスパイスの香りや巧みな材料使いに、何度でも食べたいというリピーターも続出! さらに、スパイスには体を温める効果や体力増強などの効果も期待できるため、季節の変わり目などで体が疲れている際のパワーフードとしてもおすすめです。

下北沢:Spice Kitchen MOONA(スパイスキッチン ムーナ)

出典:

下北沢駅から徒歩1分、今年で創業12年目を迎えた「Spice Kitchen MOONA(スパイスキッチン ムーナ)」。オープン当初は2種類のカレーメニューからスタート。その後、日替わりではじめた“海鮮カレー”が好評を呼び、今では人気の定番メニューとなっています。自然光が差し込む開放感のある店内は、居心地の良さ抜群! 営業時間内でも、カレーが売り切れ次第終了の場合があるので来店前に確認するのをおすすめします。

出典:

人気の「海鮮ランチセット」は、2種類のカレーと豆カレー、野菜料理やライスなどがのったボリュームたっぷりの逸品! 少しずついろいろな味を楽しみたいというニーズにも応えてくれます。夜はお酒好きの常連さんのリクエストに応え、ゆっくりお酒を呑みながらカレーも楽しめるようなメニューが揃います。

銀座:Bangera's Kitchen(バンゲラズキッチン)

出典:

「Bangera's Kitchen(バンゲラズキッチン)」は、アラビア海に面した南インド・マンガロール料理専門のレストラン&バー。日本と同じく魚を愛する地域ならではの、ココナッツやスパイスの風味豊かな魚介料理を中心に、現地の味を提供しています。カレーに使う魚は、切り身ではなく丸ごと一尾を使って調理するのが特徴。南インドの新たな魅力を発見できるかも!

出典:
出典:

カレーは魚を丸ごと一尾使って調理するため、身がパサつかずしっとりとした仕上がりで、魚料理に慣れ親しんだ日本人も納得のおいしさ。マンガロールの代表的なカレー「ガッシ」は、その日に入荷した鯖や鯛など、日本人にも馴染みのある魚から選ぶことができます。合わせるお米は、細長いインディカ米ではなく、日本米に似てふっくら丸いマンガロールのお米・ブラウンライス。そのほか、ミントがたっぷり入ったオリジナルのラムのカレーなど、お肉好きさんにおすすめのカレーも揃います。

  • 1/5ページ
  • 1
  • 3

関連記事&キーワード