SHIORIさんの「やっぱり肉と魚も」に応えるおつまみレシピ

GOURMET おとなスタイル編集部 2018.2.14

料理家SHIORIさんの『SHIORIの2人で楽しむ ゆるつま』は、ゆるっと楽しむ家飲みのおつまみレシピ集。パパッと作れておいしいおつまみのレシピとともに、写真やエッセイで2人のほのぼのライフをちりばめたハートフルな1冊です。晩ごはんを兼ねた家飲みタイムは、忙しい2人にとって大切な時間。お腹も心も満たしてくれるおつまみの主役はやっぱり肉と魚。ごはんのおかずにもなる肉と魚のゆるつまレシピを紹介します。

  • facebook
  • twitter

身近な食材で簡単に作れる肉&魚料理は味も見た目も主役級

家に帰って、その日にあったうれしいことやおもしろかったこと、相談したいことをとりとめもなく話しながら家飲みタイムを過ごす2人。テーブルには、SHIORIさんならでは調理や食材の工夫で「なにこれ、おいしい!」とうならせる料理が並びます。晩ごはん兼晩酌だから、手早く作れるおつまみに続いて登場する主役は、やっぱり肉料理。といってもSHIORI流「ゆるつま」だから難しいことなし!

出典: 『SHIORIの2人で楽しむ ゆるつま』

僕たち夫婦は趣味も違えば興味があるものも全く違う。会う時間も少ない。お互い好きな事をやっている夫婦です。でも特に大切にしているのは、ご飯を一緒に食べる時間です。(夫より)

『SHIORIの2人で楽しむ ゆるつま』

【ささ身の柿の種フライ】砕いた柿の種の衣が最高!お酒に、ごはんに、パンにも合う!

厚みを半分に切ったささ身を使ってボリューム感たっぷりのフライに。衣をつけたささ身をフライパンで揚げ焼きにするので、普通のフライよりもぐっと簡単、手早く作れます。

出典: 『SHIORIの2人で楽しむ ゆるつま』

【材料(2人分)】
ささ身 3本
柿の種 2袋分(22g)

A
薄力粉、水 各大さじ1と1/2

塩、こしょう 各適量
サラダ油 大さじ3
マヨネーズ 大さじ1
練りがらし 小さじ1
弱パセリ 適宜


【作り方】
1 ささ身は筋を取り、厚みを半分に切って軽く塩、こしょうをふる。柿の種はポリ袋に入れ、めん棒などで粗く砕く。Aは混ぜ合わせる。
2 ささ身にAをまんべんなくつけ、全体に柿の種をまぶす。余分な衣を指で落とし、フライパンにサラダ油を熱し、片面約2分ずつ揚げ焼きにする
3 2の油をきって器に盛り、あればパセリを添える。マヨネーズとからしを混ぜ、つけて食べる。

【青じそにんにくの豚ばら串】我が家が居酒屋に!?串に刺すだけで気分が盛り上がるから演出って大事

一見串焼き風ですが、油を引かずにフライパンで焼きます。まとめて焼けるから手間も時間もかからないのが◎。気分は居酒屋、食べやすくなるのも串刺しならではです。

出典: 『SHIORIの2人で楽しむ ゆるつま』

【材料(2人分)】
豚ばら薄切り肉 6枚
青じそ 9枚にんにく 1〜2かけ
うずらの卵(水煮) 6個

A
しょうゆ 小さじ2
みりん 大さじ1

一味唐辛子 適宜

【作り方】
1 青じそは縦半分に切り、にんにくは薄切りにして芽を取る。
2 豚肉を1枚ずつ広げ、青じそを縦に3枚ずつのせる。青じその上ににんにくをのせ、竹串を刺していく。にんにくの芽を取った部分に串を通すようにすると、焼くときにはずれにくい。別の串にうずらの卵を3個ずつ刺す。
3 油はひかずにフライパンに2を並べる。中火にかけ、豚ばらとうずらの卵の両面に焼き色がつくまで焼き、Aを加えて照りよく煮からめる。器に盛って好みで一味唐辛子をふる。

【あぶりサーモン】脂ののったサーモンをあぶって表面香ばしく、中はレアに仕上げましょう

おいしく仕上げるコツは、サーモンをあぶるときの火加減。にんにくを取り出したあとのフライパンにサーモンを入れたら、強火でサッと焼きましょう。お刺身用だから表面に焼き色がつく程度に火を通せば十分です。

出典: 『SHIORIの2人で楽しむ ゆるつま』
  • page 1 of 2
  • 1

この記事のキーワード

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

FEATURE特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

GOURMETグルメ

TOTALすべての記事