平成最後の今こそ!記念に残る“大物買い”ブランドバッグ6選

FASHION JJ編集部 2019.1.27

女性にとってバッグは、自分のスタイルを作る上での大切な要素。特に憧れブランドのバッグを身に着けていれば、シーンを問わず堂々とふるまえ女度もアップするはず。そこで今回は、ちょっと背伸びしても手に入れたい、大人女子におすすめのバッグをご紹介。「平成」も残り少なくなった今、思い出に残る「運命のバッグ」を手に入れてみては?

出典:

「ドレスアップにも、カジュアルのハズしにも」(広告代理店勤務 山川裕美さん)

昨年就任した新アーティスティック・ディレクターのクレア・ワイト・ケラーが手がけたジバンシィの新アイコンバッグ「GV3」。ミニマルなフォルムでありながら、ヴィンテージ風のバックルやチェーンがエレガントでこなれ感たっぷり。カジュアル服のポイントとしても使えます。見た目よりもたくさん入る、実用的な収納力も魅力です。

STELLA McCARTNEY(ステラ マッカートニー):FALABELLA(ファラベラ)

出典:

「25歳の誕生日に初めて自分で買ったブランドバッグ」(PR会社勤務 藁科早紀さん)

ステラマッカートニーの「ファラベラ」は2011年の発売以降、不動の人気を誇るアイコンバッグ。ステラ自身がベジタリアンであることから、人工皮革を使った素材で作られています。丈夫で軽く、雨や汚れ、型くずれを気にせずデイリーに使えます。入れるものによってしなやかに形を変え、どんな服装も都会的に仕上げてくれます。

JIMMY CHOO(ジミーチュウ):SOFIA(ソフィア)

出典:

「私が買って、今では彼と2人で使っています!」(金融関連勤務 小野由貴さん)

ジミーチュウで男女を問わず定番となったスタースタッズバッグ「ソフィア」。2018年にはモチーフ誕生10周年を迎え、「ソフィア」の縦長シルエットをベースに、長めのショルダーストラップを付け加えた新作 「SOFIA N/S (ソフィア ノースサウス)」が登場。2つのデザインが用意されており、彼氏や旦那さんとシェアして持つのもあり! ユニセックスなデザインで、性別を問わず絶大な人気を博しています。

毎日頑張る自分へのご褒美にバッグを選んでみませんか?

一流ブランドのバッグは気軽に手が出せない値段であることから、購入に尻込みしてしまう人も多いはず。しかし、年月の経過によって自分だけの味わいあるバッグに育ってくれるなど、今後の楽しみにもなります。もうすぐ終わってしまう平成の思い出に、今こそ、普段使いもできる一流ブランドのバッグを手に入れてみては?

※掲載アイテムのサイズ表記はH=タテ、W=ヨコ、D=マチ

  • 2/2ページ
  • Icon paging first
  • 2

関連記事&キーワード