平成最後の今こそ!記念に残る“大物買い”ブランドバッグ6選

FASHION JJ編集部 2019.1.27

女性にとってバッグは、自分のスタイルを作る上での大切な要素。特に憧れブランドのバッグを身に着けていれば、シーンを問わず堂々とふるまえ女度もアップするはず。そこで今回は、ちょっと背伸びしても手に入れたい、大人女子におすすめのバッグをご紹介。「平成」も残り少なくなった今、思い出に残る「運命のバッグ」を手に入れてみては?

一流ブランドならでは♡機能もデザインも優れたバッグの数々

平成も残り少なくなった今、大人女子たちが「ぜひ買うべき」と太鼓判を押すの大物バッグをピックアップ! どれも一流ブランドのアイテムでありながら、デザインや機能性にひと工夫されており、気負わず普段使いできるためタンスの肥やしになる心配もありません。おすすめのポイントを自腹買いした同世代のコメントとともにご紹介します。

LOEWE(ロエベ):HAMMOCK(ハンモック)

出典:

「自分の目で見て気持ちが動いたものを買えば後悔しません」(スタイリスト 近藤和貴子さん)

ロエベの「ハンモック」は、ハンドルの持ち方とジッパーの開閉で、ショルダーバッグ、ハンドバッグ、クロスボディバッグとして使える6WAY仕様。機能性はもちろん、エッジ部分の丁寧なハンドペイント仕上げなど職人の手仕事で仕上げられた柔らかいフォルムと、上質な革の美しさは格別! 歩みに合わせて経年変化していく楽しみは、他では得られないものです。

FENDI(フェンディ):BY THE WAY(バイ ザ ウェイ)

出典:

「私に大人のおしゃれを教えてくれたバッグです」(広告代理店勤務 加藤清香さん)

フェンディの「バイ ザ ウェイ」は、豊富なカラーバリエーションとエレガントなフォルムが不動の人気を誇る、同ブランドの定番アイテム。ハンドルを調整すればクラッチのようにつかみ持ちもできる3WAYで、カジュアルからフォーマルまでさまざまなシーンで自信を持ってふるまえる上品さが魅力です。ショルダーストラップや、チャームを変えることで違った表情が楽しめるのも魅力です。

VALENTINO(ヴァレンティノ):ROCKSTUD(ロックスタッズ)

出典:

「上品だけど“カジュアル”って最高です」(人材関係勤務 沖田ひとみさん)

ヴァレンティノの「ロックスタッズ」は、2011年の発表以来、ファッションに敏感な人々の支持を得てブランドを代表する存在になったアイテム。スタッズやメタルパーツはプラチナ仕上げのため、ロックテイストに傾きすぎず上品な仕上がりに。ホワイトのほかブラックやアイボリーなどカラバリも豊富で、オンオフや世代を問わず使える名品です。

GIVENCHY(ジバンシィ):GV3

  • 1/2ページ
  • 1

関連記事&キーワード