愛の証♡生涯を共にする「ブライダルリング」は憧れ5ブランドで

FASHION with編集部 2018.1.25

生涯を共にするブライダルリング。今回は、TIFFANY&CO.(ティファニー)、Cartier(カルティエ)、HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)、BVLGARI(ブルガリ)、Van Cleef & Arpels(ヴァンクリーフ&アーペル)のブライダルリングをご紹介。歴史のあるブランドのリングを身に着けて、二人だけの歴史を刻んで行きましょう♡

  • facebook
  • twitter

TIFFANY&CO.

あのブルーボックスを見たら、心を躍らせずにはいられない。ティファニーブルーで有名なティファニーは、1886年、ダイヤモンドがあらゆる方向から光を集めてひと際光輝くよう、6本の立て爪でダイヤモンドを支える”ティファニーセッティング”をデザイン。今やこのデザインは世界のスタンダードになりました。他に類を見ないまばゆい輝きは、あなたと彼の心を掴んで離しません♡

 右から
「ハートシェイプ ダイヤモンド ティファニー バンド エンゲージメント リング」LOVEの象徴と言えば、ハート形♡ ハートにかたどられたダイヤがあなたの手元で可憐に輝きます。

「ラウンド ブリリアント ダイヤモンド リボン リング」まるでダイヤを包み込んでいるかのようなリボンモチーフがラブリーなデザイン。

「ティファニー ソレスト ラウンド ブリリアント カット リング」
 
「ティファニー ジャズ リング」華奢なアームでダイヤがより引き立つ、日本人の指により馴染みやすいリング。
 
「ティファニー セッティング エンゲージメントリング」
 
「ティファニー エンブレイ ス ダイヤモンド フルサークル バンド リング」世界のスタンダードを作った”ティファニーセッティング”。ゴールドの色味は肌馴染みもよく、よりリッチで上品な印象。

Cartier

フランスパリで、1847年に創業したカルティエ。「王の宝石商、宝石商の王」と称されるカルティエのジュエリーは、その輝きで世界中の王族や貴族たちの歴史を彩ってきました。リッチでエレガントなそのリングは、二人の愛の証として選ぶにふさわしい逸品です。

右から
「カルティエ デスティネ」 きらめくダイヤに包まれたカルティエのデスティネ。ロマンティックなこのデザインは、その輝きと共に、二人の運命を永遠に見守ってくれます。
 
「カクテュス ドゥ カルティエ」 棘のある触れることが出来ないサボテン。でも遠くからじっと眺めてしまうその魅惑的な植物をモチーフにしたリング。愛らしいお花が手元をさりげなく華やかに魅せてくれます。
 
「バレリーナ」 両脇から4つのダイヤが、大きなダイヤを支えるデザインは、愛し合う二人がお互いを支え合う様子を表現。
 
「エタンセル ド ゥ カルティエ」 カルティエの新作コレクション。「エタンセル」は、フランス語で「星」という意味をもつように、その一瞬一瞬の瞬きが優美なリング。丸型と三日月型のリングの重ねづけも、それぞれの単品づけも可憐です。

HARRY WINSTON

1932年にニューヨークで創業し、ロイヤルファミリーから、ハリウッドスターまで、数多くの名だたるセレブたちの愛の約束として贈られてきた、ハリー・ウィンストン。婚約指輪に、気品ある唯一無二のダイヤを渡された瞬間に、まるでお姫様にでも変身できそう♡

上から
「ペアシェイプ・ トリスト・リング」(佐々木希着用) 中央のダイヤモンドを両脇の4つのダイヤが引き立てる、繊細で美しいデザイン。

「ワンロウ パヴェ・バンドリング」(佐々木希着用) エンゲージメントリングのセンターストーンを受け止めるようにデザインされたウェーブ型がフェミニンなブライダルリング。
 
「HWリング」 ブランドロゴの「H」と「W」で、ダイヤモンドを支えた、モダンなデザイン。この「H」と「W」にはブランドのイニシャルだけでなく、「ハズバンド(夫)」と「ワイフ(妻)」という意味も込められているというロマンチックなリング♡
 
「ソリティア・リング」 輝く中央のダイヤにシンプルなリング部分はブライダルリングの定番。クラシカルでシンプルなデザインはより一層ダイヤモンドの煌めきを際立たせます。
 
「トラフィック・アクセント・バンドリング」 幾何学模様に配されたダイヤモンドとプラチナがモダンな逸品は、エンゲージメントリングのダイヤをより引き立てるデザインで重ねづけも素敵。

BVLGARI

イタリア発のゴージャスなデザインで有名なジュエリーブランド、ブルガリ。ストーリー性のあるリングのコレクションは、二人で愛を誓った時のことをいつまでも思い出させてくれそうです♡

  • page 1 of 2
  • 1

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

FEATURE特集記事まとめ

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

HOLICS ORIGINALSオリジナル特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

FASHIONファッション

TOTALすべての記事