秋先取り♡形別Dr.Martensで足元からおしゃれを格上げ!

FASHION HOLICS編集部 2019.8.23

夏のセールも終わり、店頭に秋物が並びはじめるこの時期は、トレンドの先読みがマスト! 季節の変わり目に秋のトレンドアイテムを取り入れたコーデを作りたいなら、まずは足元をサンダルからブーツへシフトしてみては? 今回は、今注目のDr.Martens(ドクターマーチン)と、夏スタイルにDr.Martensをプラスしたコーデ実例をご紹介♡ 足元から秋を先取りして、目指せ、ファッショニスタ!

レザーブーツと言ったらDr.Martens(ドクターマーチン)!

出典:

1960年代、ワークブーツとしてイギリスで誕生した「Dr.Martens(ドクターマーチン)」。ミュージシャンに愛好されたことから、いつしか英国のユースカルチャーを象徴する存在となりました。機能性に優れ、さまざまなシーンで履きやすいDr.Martens(ドクターマーチン)のブーツは、そのシンプルなデザインで履く人の個性を輝かせてくれる名アイテム♡ 定番のレースアップブーツを筆頭に、豊富にアイテムが揃うのでファッショニスタ注目のシューズブランドなんです。

定番のベーシックデザインは長く使える♡

出典: 8ホール

第二次世界大戦でドイツ軍に従軍していたマーチン医師が、怪我をきっかけに開発したエアクッションソールを採用した同社のファーストモデル。「Dr.Martens(ドクターマーチン)」と言ったら、1番に思い浮かぶのはこのデザイン。ウェルトに施された黄色いステッチと、ブランドロゴ入りのヒールループが目印で、アーティストからスケーターまで、幅広いファッションピープルに愛され続けています。

出典: チェルシー

伸縮性のあるサイドゴアを採用し、シンプルで洗練されたデザインに仕上げられたチェルシータイプは、きれいめコーデにも合わせやすいと人気の1足。時代を超えて愛され続けるスタイリッシュなシルエットと、ブランドのDNAを今に伝えるロゴタブが特徴です。フェミニンなスカートに合わせれば、甘さをほどよく引き算して、今っぽいコーデに。

出典: 14ホール

ミニ丈コーデやデニム合わせでも、存在感バッチリなロングタイプ。イエローのウェルトステッチとブランドロゴを配したタブはそのままに、スタイルにハードな印象をプラスしてくれます。インサイドジップ採用で着脱もらくちん。トレンドのウエスタンスタイルやBOHOスタイルの引き締め役としても頼れる存在です。

今注目のDr.Martens(ドクターマーチン)は?

出典: 8053 クアッド

今、ファッショニスタが注目しているのは、厚底のドクターマーチン! あえてブーツではなく、プラットフォームタイプのシューズを選ぶのが新鮮です。足元にボリュームを加えることで、自然に脚長見せが叶ううえ、ゴツいデザインがパンキッシュなムードを演出し、コーデをアップデートしてくれます。

出典: 1461 オルタナティブ

定番の3ホールシューズにベルトを2本取り付けてアップデートした「1461 ALTERNATIVE(オルタナティブ)」にも注目! 甲についた2本のベルトで辛口な雰囲気満点です。ハードめのスタイルに合わせるのはもちろん、甘めコーデのハズしにもぴったりで、マストハブな1足に仕上がっています。

  • 1/2ページ
  • 1

関連記事&キーワード

この記事のキーワード