12月生まれの誕生石、3つの青いジュエリーが持つパワーとは?

FASHION 2017.12.13

身につけるだけで幸せになれるという誕生石は一つは手に入れておきたいもの。ここでは、12月生まれの誕生石「トルコ石」「ラピスラズリ」「タンザナイト」のジュエリーをご紹介。大好きな親友へのプレゼントに、大好きな彼へのおねだりジュエリーに、幸せを運ぶ誕生石を選んでみては?

  • facebook
  • twitter

その月に特別な意味をもたらす誕生石で運気アップ

出典:

1月~12月の12ヵ月、その月ごとにゆかりのある石として定められているのが誕生石。18世紀にポーランドの宝石商により考案され、1912年米国宝石組合大会で統一されたのが始まりです。日本では、翡翠など独自の石を混ぜ、アメリカの基準に沿う形で少し修正されたものがメインとなっています。旧約聖書が源と言われるほど歴史は古く、占星術においても誕生石は生まれもった運命とつながりが深いとされ、身に着けていることで、幸せになったり、守護石的な役割をしてくれると言われています。

12月の誕生石はラピスラズリ、タンザナイト、トルコ石

12月の誕生石はトルコ石、ラピスラズリ、タンザナイト。どの石も、その独特な青味が神秘的な宝石です。1ヵ月に数種類ある誕生石は、自分の直感でピンときたものが相性のいい石。プレゼントする相手に似合うか、考えながら選ぶのも楽しみのひとつですね!

ミッドナイトブルーの「ラピスラズリ」は顔まわりを華やかに

人類に認知された鉱物として最古と言われるラピスラズリ。和名は瑠璃。ミッドナイトブルーのミステリアスな色が印象的で外部の邪気だけでなく、持つ人の心の邪念までも退けてくれるといわれています。また、目先の幸せだけでなく、本当の意味で成長できるように試練を与えると言われている石なので、「持つようになってから調子がおかしい」という場合も。でも後からその意味がわかる幸運をもたらせてくれるので、パートナーとして持ち歩く人も多いそうです。

出典:

まさに冬の夜空のようなミッドナイトブルーが印象的な揺れるピアス。淡水パールとのコンビで、この上なく上品♡

出典:

季節を問わず活躍しそうな透明感のあるデザイン。シャープなシルエットなどで、ファッションのテイストがハンサム派の人にもマッチするジュエリーです。

トレンドカラー“バイオレットブルー”の「タンザナイト」

発見されたのはなんど約50年前という比較的新しい石。実はダイヤモンドよりも希少といわれるほどで、人気が急上昇しています。あのティファニー社が名づけ親だとか。落ち着いたバイオレットブルーが魅力的なタンザナイトですが、冷静さや判断力を高め、決断力を与えてくれるとされています。今年はバイオレットやパープルがトレンドカラーなので、ジュエリーで取り入れればコーデの旬度も格段にアップするはず!

出典:

繊細なダイヤの引き立てで、よりタンザナイトが輝くデザイン。少し甘めのスタイルから、ハンサムなスタイルまで幅広く合わせられそう!

  • page 1 of 2
  • 1

HOLICS編集部

この記事のキーワード

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

FEATURE特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

FASHIONファッション

TOTALすべての記事