−3Kg見えが叶う♡着痩せ効果抜群の冬の着こなしテクニック

FASHION HOLICS編集部 2018.12.21

アウターやニット、レイヤードコーデなど厚着になってくる冬は、着太りが気になってしまうという人も多いはず。でも、アイテム選びやコーデの仕方をちょっと工夫するだけで、着痩せを実現することができるんです。そこで今回は、アラサー女子にオススメな即真似できるスタイルアップコーデテクを3つご紹介します♡

コーデ・テク1「プリーツスカート」で縦長シルエットを作る

今シーズン流行の「プリーツスカート」は縦のラインを強調してくれるので、細見え効果抜群! ボリュームのあるニットやロングアウターと合わせてもバランスよくまとまります。

出典:

膨張して見えてしまいそうなベージュ系のワントーンコーデに、落ち感のあるプリーツスカートを持ってくることでストンとしたIラインが完成。ロング丈のガウンコートを羽織って縦長をさらに加速すれば、スタイルアップも確実です!

出典:

一見ロングスカートと合わせるのが難しそうなビッグカーディガンも、プリーツスカートなら好バランスに仕上がります。細かいプリーツが縦のラインを際立たせるうえに、絶妙な透け感がボリュームのあるカーディガンに軽やかさをプラス。中のTシャツをボトムインして脚長見えを狙いましょう。

出典:

今年らしいオーバーサイズのチェスターコートには、青みがかったグリーンのプリーツスカート合わせて馴染ませるのが◎。スカートのインにレギンスをレイヤードして、少しだけ素肌を見せることで程よい抜け感が加わり、華奢な足元をアピールできます。

コーデ・テク2「ミニスカ×ロングブーツ」でバランスアップ

人気再燃中のミニスカート&ロングブーツの黄金コンビ。ミニのフレアースカートや台形スカートは腰まわりや太もものカバーにもテキメン。ニーハイブーツで肌分量を調整すれば、ベストバランスなコーデの出来上がり。

出典:

ゆるニットにフレアーミニの組み合わせは鉄板の可愛さ。裾がふわっと広がるデザインなら、太ももが目立たないので、着太りの心配もありません。足元には、細身シルエット&肌馴染みのよいベージュのロングブーツを投入するのがポイント。

出典:

素材自体にボリュームのあるコーデュロイは、面積の小さいミニスカートで取り入れるのが◎。万能かつ引き締め効果のある黒のニーハイブーツと一緒なら、ミニスカートも臆することなく履きこなせるはずです。腰まわりや太ももをすっぽりと隠してくれるロング丈のアウターを羽織って、後ろ姿も抜かりなく。

コーデ・テク3「サロペット」でボディラインをすっきりと

  • 1/2ページ
  • 1

関連記事&キーワード