女子会、アート鑑賞、アウトドアetc.大人の休日コーデ実例♡

FASHION HOLICS編集部 2019.2.22

大人女子が理想とする「ラフなのにおしゃれ」な休日コーデ。とはいえ、あまりカジュアルに傾けすぎるとただの手抜きに見えたり、組み合わせによっては子どもっぽくなってしまうことも......。そこで今回は、女子会やデート、アウトドアスタイルまで、大人女子の休日スタイルをシーン別にご紹介します。

スウェット&デニムというマニッシュなコーデには、黒のボアコートをオン。モコモコとしたボアの動物感が愛らしく、海などへのドライブにも暖かさと可愛らしさをもたらしてくれます。靴下やスニーカーなどの小物も黒で統一することで大人っぽい仕上がりに。斜めがけしたミニバッグが女らしさを後押しするとともに、シルエットを引き締めるアクセントにもなります。

出典: サイクリングコーデ

休日のサイクリングには、軽くてやわらかなニュアンスが引き立つベージュトレンチをセレクト。赤ボーダー×サスペンダー付きパンツというフレンチシックなコーデで上手にカジュアルダウンして。乗り物を運転するときの足元はバレエシューズやスニーカーなどのペタンコタイプが基本! サイクリングは長距離でなければバレエシューズでも大人っぽくまとめるのも◎。

出典: 演劇鑑賞コーデ

演劇鑑賞などややキレイめにまとめたいシーンには、白タートルにデニムを合わせたシンプルなスタイルに、パイソン柄やボルドーの小物をプラス。定番アイテムを掛け合わせることで、女性らしい小物使いが一層際立ちます。タートルはウエストインしてベルトマークすればきちんと感も出て◎。

出典: デイキャンプ(アウトドア)コーデ

デイキャンプなど屋外でのデートやアクティビティには、軽くて暖かいエコムートンをセレクト。布バッグやキャップなどカジュアルに傾きがちなコーデも、ベージュのエコムートンと白パンツとを合わせたやわらかいカラーリングで女っぽく仕上げましょう。インナーには黒を投入して、きりっと引き締めて。

出典: ディナーデートコーデ

休日のディナーデートなど、少し女っぽ&キレイめに仕上げたいときは、華やかカラーのタートルネックをセレクト。スカートとのシンプルなワンツーコーデは、色×色にすることで誰でも簡単に、おしゃれ見えが叶います。ピンク系×ラベンダーの組み合わせは、一気に垢抜けて見えるのでおすすめです。さらに光沢素材のボトムを選べばまったり見えず、メリハリ感もアップ!

カジュアルも女っぽも♡おしゃれな休日コーデを楽しんで

出典: YOGA&スポーツジムコーデ

気張らずおしゃれに見せたいと思うと、なかなか難しく考えがちな大人女子の休日コーデ。でも、アイテム同士の組み合わせや色使いなど、ちょっとしたポイントさえ押さえれば、手持ちのアイテムでもグッと垢抜けた着こなしは可能なんです。紹介したシーン別のコーデを参考に、背伸びしすぎないおしゃれな休日スタイルを楽しんで!

  • 2/2ページ
  • Icon paging first
  • 2

関連記事&キーワード