女子会、アート鑑賞、アウトドアetc.大人の休日コーデ実例♡

FASHION HOLICS編集部 2019.2.22

大人女子が理想とする「ラフなのにおしゃれ」な休日コーデ。とはいえ、あまりカジュアルに傾けすぎるとただの手抜きに見えたり、組み合わせによっては子どもっぽくなってしまうことも......。そこで今回は、女子会やデート、アウトドアスタイルまで、大人女子の休日スタイルをシーン別にご紹介します。

シーン別にご紹介!大人女子のこなれ休日スタイル11選

オンタイムとは違い、ドレスコードがないからこそ悩みがちな大人女子の休日コーデ。気がつけばいつも同じコーデになっている……なんてことありませんか? せっかくのオフタイムなら、もっとおしゃれを楽しみたいもの。「女子会」「ピクニック」「ディナーデート」など、大人女子のさまざまな休日シーンにぴったりなコーデのコツを紹介します!

出典: ランチ女子会コーデ

濃いベリー色のカラータートルは、ほぼオフホワイトのコーデで強めな印象を中和させましょう。カジュアルになりすぎず、程よくこなれた大人っぽさが出るスタイリングは休日の女子会にぴったり。トップをボリューミーに見せることで、可愛く仕上がります。

出典: ドッグラン(お散歩)コーデ

機能性に優れた本格派アウトドアブランドのダウンなら、屋外のドッグランの寒さも問題なし! 足元はダッドスニーカーにして、愛犬に負けず走る準備を。ボリューミーなダウンは、スキニーな黒パンツと合わせることでスッキリ見えが叶います。インナーにボーダーをチョイスするなど、コーデ全体がおとなしくなりすぎないよう意識して。

出典: ピクニックコーデ

屋外のピクニックでもしっかりおしゃれを楽しみたい! そんなときは、パリの女の子みたいな華やかさのあるカジュアルコーデがおすすめ。大胆な色味のアイテムも、定番のデニムジャケットや黒ベースのボトムと合わせれば悪目立ちしません。かごバッグとの相性も抜群な、可愛らしさ満点のコーデです。

出典: YOGA&スポーツジムコーデ

手抜きに見えがちなパーカー×パンツコーデも、今年らしいラインパンツを合わせれば一気に垢抜けたスタイルに。YOGAやジムなどワークアウトの後にそのまま友達とのランチの予定があってもOK! これならおしゃれなカフェにだって行けちゃいます♡

出典: 美術館(アート)コーデ

手持ちのタートル同士を重ねるだけで、おしゃれの鮮度がグッとアップ。インナーと色味を合わせたベレー帽などのノーブルな小物プラスすれば、美術館などでのアート鑑賞にぴったりの洗練されたスタイルに。ワイドめシルエットのデニムパンツなら、簡単に好バランスに収まります。

出典: スポーツ観戦コーデ

優等生的なイメージのある白タートルに、アウターやスニーカーでスポーツ要素をMIXすれば女らしさもおしゃれ感もキープできて◎。ボトムには薄手素材の花柄スカートをセレクトして、春らしさを取り込みましょう。白と青という爽やかなカラーリングなら、冬のスポーツ観戦でも好感度アップ間違いなし!

出典: 海(ドライブ)コーデ
  • 1/2ページ
  • 1

関連記事&キーワード