“可愛い服を大人に着こなす”春の色っぽガーリー・コーデ実例集

FASHION ViVi編集部 2018.3.27

スウィートなテイストは好きだけど甘い服は子供っぽいから着られない! そんな悩みを持つ多くの人のために、「色っぽさ」をキーワードに、この春のガーリーなトレンド服を大人っぽく着こなしたコーディネートをご紹介します。ちょっとしたコツで悩みを解決できるから、ぜひ参考にして♡

  • facebook
  • twitter

色っぽく着こなせば、甘い服も大人な印象

色味を抑えたり、スッキリしたシルエットを選んだり、カジュアル感で甘さを抑えたり、どこかで甘さの引き算をしてバランスを取ることがポイントです。ふんわりほわんっと、肩の力の抜けたイノセントなムードの色気が、大人っぽいイメージを作ります。

ピンクの中でもパープルに近いような青み系ピンクを選ぶことが、大人っぽさをキープするコツ。可愛らしさ100%の色なので、ミニスカートなど、面積の少なめのアイテムで取り入れることがポイントです。

ガーリーな柄アイテムは、この春の本命トレンド。甘い印象が強い柄だから、大人っぽく着こなすなら、きちんと感あるアイテムで取り入れるのがコツです。おすすめは、上下が揃ったセットアップ。ミニスカートのセットアップだと、カッチリしたきちんと感がありつつ色っぽいムードになります。

女性らしく、コーディネートを大人に仕上げてくれるひざ丈タイトスカートを味方にすれば、着こなしの幅が広がります。ひざ丈の落ち着いたムードと、スッキリ直線的なシルエット、歩くたびにスリットからちら見えする脚が、色っぽさを感じさせます。フリルがたっぷりついたブラウスも、大人っぽい印象に。

縦にフリルがついたデザインは、この春の流行ディテール。横についたフリルよりもシャープな印象で、大人っぽく着こなしやすいです。特におすすめなのが衿付きブラウス。シャツのキリッとした雰囲気とフリルの甘さをあわせ持ち、一枚で大人可愛いイメージを作ってくれます。

甘さを引き算するのに活躍するのがデニムアイテム。中でも、色の濃いインディゴデニムは、カジュアル感もありつつ、清潔感もあるから、大人可愛いコーディネートを作るのに最適なのです。甘いチェックミニもインディゴデニムのジャケットを羽織れば、大人っぽい表情。

くるぶしが見えるぐらいの7分丈パンツは、足首の細さに目が行って華奢なイメージを作るアイテム。ヒールの靴を合わせると、さらに女性らしい印象になります。フリルがたっぷりついた甘いブラウスも、7分丈パンツを合わせると甘さが引き算されてほどよい甘×辛バランスに。

  • page 1 of 2
  • 1

この記事のキーワード

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

FEATURE特集記事まとめ

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

HOLICS ORIGINALSオリジナル特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

FASHIONファッション

TOTALすべての記事