シーンレスに使える!「ジャケット」はアースカラーが新定番

FASHION HOLICS編集部 2019.8.30

この秋の羽織ものの大本命といえば「ジャケット」。いつものコーデにプラスするだけで印象をガラッと変えてくれる便利なアイテムだから、一枚は押さえておきたいところです。中でもベージュやブラウン、カーキなどのアースカラーは断然今年っぽく、シックな傾向が強まる秋のムードにもぴったりとマッチしてくれます。

この秋ゲットしたい羽織りはアースカラー「ジャケット」

アースカラーの「ジャケット」は、この秋一番にゲットしたいアイテム。こなれ感あるアースカラーの力を借りれば「ジャケット」もオフィスっぽくならずに、あらゆるシーンで取り入れることができます。

出典:

ベージュベースのマルチボーダーニットにワイドデニムパンツを組み合わせたほんのりレトロなムードが香るコーデに、ニュートラルなベージュのテーラードジャケットを合わせれば、クラス感のある着こなしへと昇華できます。靴やバッグなどの小物はパステルカラーをチョイスして、女らしいしなやかさを添えるようにしましょう。

出典:

ロング丈のジャケットは、上品なのに力みを感じさせないブラウンで取り入れるのがオススメです。白Tシャツ×チェック柄ワイドパンツのワンツーコーデに投入することで、即ワンランク上の着こなしに。コーデ全体にボリュームがあるから、足元には抜け感のある華奢なサンダルを投入するのが好バランス。

出典:

ともすると手抜きに見えてしまう白トップスとデニムパンツの定番コンビも、ジャケットを一枚加えればスタイリッシュな着こなしに導けます。コンサバライクなノーカラージャケットは黒やグレー、ネイビーは避けて、トレンドのブラウンを選ぶのが正解。深みのある優しげな色味のおかげで、メンズライクでありながら女っぽい表情も覗かせる理想的なスタイルの出来上がり。

出典:

キリッとしたオールブラックコーデには、まろやかなベージュのジャケットで柔らかなニュアンスをプラス。ベージュのジャケットが黒のシャープさを適度に和らげてくれ、大人にふさわしいエレガントさが漂う着こなしを実現できます。ジャケットの袖を通さずに肩掛けすれば、着こなしが重たくなる心配もありません。

出典:

ボーダーカットソーに合わせるジャケットといえばネイビーが王道だけれど、今年はチョコブラウンにアップデートするのが◎。パンツではなく、細身のタイトスカートを合わせてレディな着こなしに着地させましょう。胸元に入った大きなエンブレムがコーデの程よいアクセントに。

出典:

昨シーズンに引き続きこの秋も注目のチェック柄ジャケットは、カーキで取り入れるのが新鮮です。ボトムにもベージュのワイドパンツを持ってきてアースカラー配色でまとめれば、おしゃれ見え3割増しに。ロングジャケット×ワイドパンツの組み合わせがのっぺりと見えないように、ジャケットの上からベルトを巻いてコーデにメリハリを付けて。

この秋の羽織りはアースカラーの「ジャケット」で決まり!

  • 1/2ページ
  • 1

関連記事&キーワード

この記事のキーワード