すべての女性のための偏愛ミュージアム

冬は王道「ニット×スカート」コーデで女っぽさを極めるのが正解

FASHION 2017.11.14

冬のコーデに迷ったら、女っぽさが引き立つ「ニット×スカート」の組み合わせがおすすめ◎。どちらも女性らしいアイテムなので、男性ウケがバツグンの愛されコーデが完成します。この冬は「ニット×スカート」コーデで、女っぽさを極めてみませんか?

この冬は「ニット×スカート」の甘めコーデが逆に新鮮♡

with2017年11月号

着まわしがきくニットは、秋に大活躍する優秀アイテムのひとつ。パンツを合わせてカジュアルコーデを楽しむのもよいけれど、この秋のイチオシは「ニット×スカート」のフェミニンコーデ。女っぽいアイテムのダブル使いが、逆に新鮮で今どきの旬コーデができあがります♡

秋の定番「キャメル」で、落ち着いた大人の秋コーデ

定番のロングプリーツスカートには、変則ニットで遊び心をプラス

with2016年11月号

いつものコーデにキャメルを投入するだけで、装いが一気に秋バージョンにシフトします。タイトなニットを合わせることで、プリーツスカートの流れるような美シルエットを引き立てていますね。キャメル以外はネイビー系で統一すると、引き締まった印象に。パッチつきのニットをチョイスして、正統派コーデをちょっぴりカジュアルにまとめています。

「キャメル×チャコール」コーデは、ふわふわ素材で甘さを盛って

with2015年11月号

秋カラー「キャメル×チャコール」の組み合わせで、温かみあふれるコーデの完成。ともにシンプルなカラーなので、モヘアニットやチュールスカートで甘さを盛って、女っぽさをランクアップ♡

おしゃれカラー「カーキ」で、シックな装いに♡

ボルドーをワンポイントで取り入れて、今っぽさをプラス

with2015年11月号

辛口カラー「カーキ」には、優しいカラーを合わせて、フェミニンにまとめるのが今っぽい。ライトグレーのワンピースに、カーキのニットを重ねて、きれいめコーデのできあがり♡ 効かせ色でボルドーを取り入れると、大人っぽい雰囲気が出ますね。

きれいめニット&チュールスカートで、デートや合コンにも

with2015年11月号

ラベンダーのモヘアニットとカーキのチュールスカートで、デートにもぴったりなモテ系コーデのできあがり♡ 甘めのチュールスカートもカーキをチョイスすれば、程よくシックに決まります。

上品「ネイビー」で、オフィスでもOKの愛されコーデに♡

シンプルコーデは足元を外して、こなれ感たっぷりに

with2016年2月号

上品にまとまるネイビーは、男性支持も高い愛されカラー。オーソドックスなネイビーのニットには、フレアースカートで女っぽさをオンしよう。エナメルのヒール靴を合わせることで、シンプルなコーデがこなれ感たっぷりに♡

秋冬カラーの「カーキ×ネイビー」でシックに決めよう

with2016年10月号

ボーイッシュになりがちなボーダー柄も、リブニットをチョイスすることで、フェミニンな雰囲気に。ボートネックのニットだと、鎖骨のラインもきれいに見えますね♡ ネイビーのラップスカートとコーデして、シックにまとめています。

難易度高めの「柄スカート」は、ニットとのコーデがベスト♡

旬の「ゆるゆるコーデ」は、足元を引き締めよう♡

ViVi2016年12月号

コーデのバランスが取りにくい柄スカートは、一目ぼれして購入しても、ついついクローゼットの奥底にしまったままになりがち。シンプルなニットと合わせれば、コーデが難しい柄スカートもヘビロテの予感! 足元は黒いエナメルブーツで、引き締め効果&今どき感をアップ◎

こっくりカラーのニットには、大胆な柄スカートを合わせて

with2017年11月号

こっくりとした色味のニットに暗めカラーのボトムを合わせると、野暮ったくなる場合も。華やかさをプラスできる花柄のスカートをコーディネートして、トレンドの女っぽい印象を手に入れて。

今季イチオシのチェック柄スカートは、大人っぽコーデで♡

ViVi2017年10月号

今季トレンドのチェック柄スカート。大人女子ならベルトつきなどデザイン性が高いタイプを選んで、ワンランク上のコーデを楽しみたいところ。ミモレ丈のチェック柄スカートは、きれい色のニットをインして、すっきりとまとめるのが正解。

この冬は「ニット×スカート」コーデで女っぽさを手にいれて

with2017年11月号

ニットとスカートのコーディネートなら、簡単にフェミニンなモテコーデが完成します。今どきの旬コーデに仕上げるには、サンダルやファーバッグ、帽子など、流行の小物でアクセントを加えるのも忘れずに。この冬は「ニット×スカート」のコーデで大人のおしゃれを手に入れてくださいね。

HOLICS編集部

この記事のキーワード

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

FASHIONファッション

TOTALすべての記事