色の力で“なりたい自分”に近づく♡キャラ作りに効く色の使い方

FASHION with編集部 2019.6.1

色が人に与える力は思っている以上に大きいもの。髪型やメイクを劇的に変えなくても色の力を借りれば、手っ取り早く印象を変えることができるんです。そこで今回は、カラーキュレーターの七江亜紀先生に“なりたい自分”に近づくための上手な色の使い方をレクチャーしてもらいました!

「こんな女の子になろう」と思いながら色を選んで!

教えてくれたのはカラーキュレーター・七江亜紀先生

株式会社ナナラボ代表取締役。それぞれの色が持つ普遍の魅力を組み合わせ、独自の価値基準で新しい生活価値を提案するライフスタイル・クリエイター。企業やビジネスパーソンを対象に、カラーコンサルティングなども行う。色の足し算・引き算により自分の魅力を高める習慣を提案した新刊『いろ習慣』(中央公論新社)が好評発売中。

「何万人ものカラー診断をしてきましたが、『あなたにはこの色が似合う』という色が必ずしも本人が着たい色とは限りません。似合う色はひとつのきっかけではありますが、大切なのは『自分はどんな女性になりたいか』。今回ご紹介するのは、それぞれの色が本来持っているストレートなイメージです。自分がなりたい女性像にマッチする色の力を味方にして、ぜひ理想の女性に近づいてほしいです!」(カラーキュレーター® 七江亜紀先生)

「ペールトーン」なら“モテ系愛され女子”に

「ペールトーンやパステルカラーは好きな人も多い半面、苦手意識を持っている人も多い色。男性からも、『可愛い女性は好きだけど、あまりに甘すぎるタイプはちょっと』という声をよく聞きます。大人女子がペールトーンを着るなら、シンプルなデザインや辛口のアイテムを選ぶのがおすすめ。大人の愛らしさが出せますよ!」(カラーキュレーター® 七江亜紀先生)

\こんな人におすすめ!/

▶甘え上手になりたい
▶女性らしさを高めたい
▶可憐に見せたい

ラベンダー

今シーズン注目のラベンダーは、ちょっぴりミステリアスで気まぐれな猫のような色気のある色。可愛げのある大人のモテ女子を狙うならラベンダーがぴったり。

出典:

素肌に心地いいリネン混素材のワンピース。フロントはシンプルながら、背中部分は上品な肌見せを叶えるバックシャンデザインになっていて、甘すぎない女らしさを手に入れることができます。単色のワンピースは、色の魅力を最大限にアピールできるのが嬉しい♡

ミントグリーン

グリーンに白を足したミントグリーンは甘さと爽やかさを両得できるカラー。同性にも好まれる可愛げを演出できます。

出典:

クールで爽やかなミントカラーなら、フェミニンなレーススカートでも嫌味にならず、さっぱりとした印象で取り入れられます。ジャケットを合わせてきちんと感をキープすれば、オフィスにも◎。

  • 1/4ページ
  • 1
  • 3

関連記事&キーワード