主演・泉里香でお届け!引き寄せカラーの法則でもっと愛されコーデ

FASHION with編集部 2019.3.21

“色”の持つチカラを知っていますか? 「初めまして」の人との出会いや、新しい環境へ踏み出す人も多くなるこの季節こそ、ぜひ色を味方につけて好印象を手に入れて。シチュエーション別に取り入れたい“引き寄せカラー”を、カラーキュレーターの七江亜紀先生に伺いました!

色を味方につけてますます愛される私になる!

その人を印象づけるのは、明るい笑顔と、身にまとった服の色にあり! なりたい自分に近づくには、シチュエーションごとの「勝負色」を味方につけることが大切なんです。色の持つチカラを活かして、ハッピーな毎日を引き寄せちゃおう♡

教えてくれたのは:七江亜紀先生 カラーキュレーター®

株式会社ナナラボ代表取締役。それぞれの色が持つ普遍の魅力を組み合わせ、独自の価値基準で新しい生活価値を提案するライフスタイル・クリエイター。企業やビジネスパーソンを対象に、カラーコンサルティングなども行う。色の足し算・引き算により自分の魅力を高める習慣を提案した新刊『いろ習慣』(中央公論新社)が好評発売中。

初対面の男性に好印象を与えたいなら「水色×白」が有効

出典:

フェミ派の定番、ニット×柄スカートのコーデも水色ベースなら新鮮! 白バッグを添えてさらに品格を高めて。

出典:

水色ストライプでパンツスタイルを優しげな印象にシフト。あえて黒で締めず、ベージュ
系で馴染ませているのがポイント! 白のデニムパンツなら上品な大人カジュアルに仕上がります。

出典:

ジャケットで白を効かせて清楚なお嬢さんっぽく♡ 揺れるスカートでさりげなく女らしさをアピールしましょう。

「恋の予感を感じさせる場面でも色を味方にすると断然、有利です。アフター7に新たな出会いがある日は水色×白の着こなしで。男性側から見た時、赤やピンクほど抵抗感がなく、対等に接することができて安心する色合いなんです」(カラーキュレーター® 七江亜紀先生)

with2019年3月号

意中の相手に意識してもらいたいなら「淡いピンク」を仕掛けて

出典:

繊細なピンクストーン付きアクセがお仕事服にもマッチ!

「ピンクは“子宮の色”とも言われ、『女性性』を感じさせる代表的カラー。お仕事シーンではアクセサリーやメイクでさりげなく取り入れると、品よく女らしさを主張できます」(カラーキュレーター® 七江亜紀先生)

with2019年3月号
  • 1/2ページ
  • 1

関連記事&キーワード