冷房対策にも最適!「ジャケット」でオフィスコーデを格上げ

FASHION HOLICS編集部 2019.8.4

外はうだるような暑さだけれど、移動中の車内やオフィスは寒いくらいに冷房がきいていることも。そんな夏の温度調整に欠かせないのが羽織りものです。でも、きちんと感あるコーデにいつものカーデじゃちょっとサマにならないのも事実。そこで今回は、オフィスの羽織りとして最適な「ジャケット」に注目してみました。

実用性だけじゃない!洒落感も手に入る「ジャケット」

コーデにプラスするだけできちんと感や洒落感を加速してくれる「ジャケット」。冷房対策としてだけではなくワンランク上の通勤コーデを完成できるから、働く大人女子の必携アイテムと言っても過言ではありません。さっそく、実用的でスタイリッシュな「ジャケット」の実力をチェックしていきましょう。

出典:

夏の王道カジュアルコーデともいえるTシャツ×デニムパンツの組み合わせも、ジャケットをプラスするだけできちんと感が大幅にアップ。シャツのような感覚で気楽に羽織れるリネン素材のジャケットなら、夏の着こなしにもぴったりです。アイスブルーを引き立てる白デニムを合わせて、爽やかな装いを目指しましょう。

出典:

この夏の大ヒットアイテムでもあるカラーマキシスカートに、お尻が隠れるくらいの長め丈のジャケットを羽織ることで、おしゃれ上級者の風格漂うオフィスコーデが完成します。ジャケットとスカートを明るいベージュのワントーンでまとめて軽やかさを出せば、ボリューム感のあるマキシスカートも暑苦しくなる心配はありません。

出典:

ブラウス×ロングタイトスカートにジャケットを羽織った優等生風オフィスコーデは、全方位ウケすること間違いなし。真面目な印象になりすぎないように、ジャケットはきちんと袖を通さずに肩掛けするのがポイントです。キレイ色バッグや白のミュールなどの小物で夏らしいアクセントを加えて。

出典:

ハンサムでマニッシュな印象に仕上がるTシャツ×キレイめパンツのモノトーンコーデには、まろやかなベージュのジャケットで女らしさを足しましょう。シンプルなアイテム同士の組み合わせながら、洗練感たっぷりな着こなしを手に入れることができます。シルバーのサンダルやPVCバッグでイマドキ感を後押し。

出典:

鮮やかなキレイ色のスカートをオフィスコーデに取り入れるなら、落ち着きのあるネイビージャケットを合わせて派手見えを回避するのが正解。ジャケット丈を長めにすることで、こなれ感がいっそうアップします。やや透け感のあるエアリーな素材のスカートのおかげで、夏の“ロング×ロング”コーデも軽快な着こなしに。

出典:

ゆったりとしたAラインのワンピースは締めつけ感のない楽ちんな着心地が魅力だけど、一枚だとオフィスではカジュアルすぎてしまう可能性も。ネイビージャケットを投入して、きちんと感とメリハリをオンしましょう。ヴィヴィッドなピンクのフラットパンプスで華やかなアクセントを添えて。

「ジャケット」でオフィスコーデをもっとおしゃれ&快適に!

  • 1/2ページ
  • 1

関連記事&キーワード

この記事のキーワード