一枚でおしゃれ見え♡「秋色ブラウス」でコーデをアップデート

FASHION HOLICS編集部 2019.9.5

秋に向けて装いを少しずつチェンジしていきたいけれど、残暑はまだまだ厳しいのが現実。手っ取り早く秋の気分を取り入れるなら「秋色ブラウス」がオススメです。重ね着をしなくても一枚でおしゃれに決まるから、夏から秋へと季節をまたぐ今の時期にぴったり。今回はそんな「秋色ブラウス」をピックアップしました。

夏→秋のブリッジタイミングは「秋色ブラウス」が頼れる

少しずつ秋の気配は感じるものの重ね着するにはまだちょっと早いこの時期は、毎日何を着ようか悩んでしまうもの。そんな夏の終わりから秋にかけてのブリッジタイミングに重宝するアイテムといえば、ブラウンやカーキ、パープルといったこっくりした色味の「秋色ブラウス」です。さらっと一枚で着るだけで秋のムードが漂う着こなしを叶えてくれます。さっそく「秋色ブラウス」のコーデ実例をチェックしていきましょう。

出典:

レトロシックな着こなしの人気が再燃している今シーズン、ボウタイブラウスは確実におさえておきたいアイテムのひとつ。フロントのボタンがアクセントになったベージュベースの千鳥格子のタイトスカートと合わせることで、シックで大人っぽい着こなしを実現できます。ブラウン×ベージュの配色がイマドキ感を後押し。

出典:

優しげな雰囲気を纏えるココアブラウンは、大人女子こそ積極的に取り入れていきたい秋を代表するカラー。こっくりとしたボルドーのパンツと合わせればリッチ感のあるコーデを手に入れることができます。濃色同士の組み合わせが重たく見えないように、Vネックデザインのブラウスをチョイスしてシャープな抜け感を加えると好バランス。

出典:

フェミニン度数の高いボリューム袖のブラウスはちょっぴり辛口なカーキを選ぶのが大人流。女らしさ満点な花柄ロング丈スカートと合わせても糖度過多になる心配はありません。足元にはスニーカーを合わせて、肩の力が抜けた大人可愛い着こなしを目指しましょう。

出典:

とろみ素材&ボウタイデザインが女っぽいブラウスにスカートを合わせるのも素敵だけど、今シーズンは裾がカットオフされたパンツを合わせてカジュアルに振るのが気分。こっくりとしたチョコブラウン×ブラックの大人配色がコーデの完成度を高めてくれます。足元には白のシューズを投入して軽やかさをプラスしましょう。

出典:

しっとりとした大人の色気を演出できるパープルのブラウスは、レディにまとめすぎると今っぽさが足りない印象に。あえてマニッシュなチェック柄のパンツを組み合わせてハンサムに味付けするのがおしゃれ上級者のテクニックです。ブラウスの首元のリボンが華やかなアクセントに。

出典:

ともすると子供っぽい印象になってしまいがちなティアードブラウスも、秋らしいキャメルカラーなら落ち着いた印象で着こなすことができます。黒のスキニーデニムを合わせて、可愛らしさとシャープさを程よくブレンドさせるのがコーデ成功の秘訣です。

今買うべきアイテムは鮮度アップを狙える「秋色ブラウス」

  • 1/2ページ
  • 1

関連記事&キーワード

この記事のキーワード