どこか新鮮♡「インディゴデニム」でカジュアルコーデが垢抜ける

FASHION HOLICS編集部 2019.9.18

ワードローブの中でも登場頻度の高いデニムパンツ。定番アイテムだけに長い間同じものを使ってしまいがちだけれど、実はデニムの色にこそそのときのトレンドが大きく反映されるんです。そこで今回は、今シーズン注目の「インディゴデニム」にフィーチャー! コーデ実例とともにお届けします♡

デニムパンツの色味でおしゃれ印象が大きく変わる

薄色デニムよりも落ち着いた雰囲気で、カジュアルながらも大人っぽく履きこなせる「インディゴデニム」。どんなトップスとも合わせやすくおしゃれ度も急上昇するから、今シーズンの大人女子のワードローブに常備しておきたいアイテムです。さっそく「インディゴデニム」を使った旬の着こなしをご紹介します。

出典:

インディゴデニムにブルーのシャツを合わせてワントーンで仕上げれば、今年らしさ満点なカジュアルコーデの出来上がり。メンズライクになりがちな組み合わせも、デニムの裾を大きくロールアップして覗かせた足首とシャイニーなパンプスのおかげで、女らしい表情に傾けられます。肩から斜めにたすき掛けした大きめニットで旬なムードを上乗せ。

出典:

大人っぽく履ける太めストレートのインディゴデニムなら、かっちりとしたジャケットとの相性も◎。ハイライズのデザインだから、ミニマルなトップスをチョイスしてウエストインするのが好バランスです。下半身にボリュームが出すぎないよう、足元はヌーディなサンダルで抜け感をプラスしましょう。

出典:

ブラウン×深いグリーンの上級者配色も、インディゴデニムを繋ぎ役に投入すれば簡単に攻略できます。シンプルなアイテム同士の組み合わせながら、こなれた雰囲気が漂う着こなしに。ノースリニットや甲浅のパンプスで適度に肌見せすることで、クールな色使いのコーデも女らしく着地できます。

出典:

スキニーほど足のラインを拾わず、さりげなく脚長見え&スタイルアップを叶えてくれる細身ストレートのインディゴデニム。半袖シャツと合わせてキレイめに着こなせば、全方位ウケ確実なカジュアルコーデが手に入ります。

出典:

ストレッチの効いたスキニーシルエットのインディゴデニムは、レギンス感覚で気軽に履ける一本。シンプルなトップスを合わせ、さらにインディゴと相性のいい赤ベースの花柄ワンピースをカーデのように羽織ることで周りと差のつくデニムスタイルを堪能できます。インディゴデニムが鮮やかな花柄を引き立てつつ、派手見え回避にも一役買ってくれます。

出典:

ボーダーTシャツにブルーデニムを合わせるとカジュアル感が強くなってしまうから、インディゴデニムを合わせて落ち着いた印象に落とし込むのが大人流。レザーのバッグやパンプスなど高見えする小物を投入して、クラス感のある大人のカジュアルコーデを実現させましょう。

出典:
  • 1/2ページ
  • 1

関連記事&キーワード

この記事のキーワード