「ブルー以外」が今年っぽい!絶対外さない大人のデニムコーデ

FASHION HOLICS編集部 2019.11.2

季節問わず毎日のコーデに欠かせない「デニム」ですが、実はインディゴや薄いブルーが主流だったデニムパンツに異変が! お洒落な女子たちが今こぞって履いているのが、ブラックやホワイト、グレーなどのブルー以外のデニムなんです。カジュアルな着こなしはもちろん、大人っぽくもレディにも着まわせるブルー以外のデニムコーデをご紹介。新たなデニムの魅力を発見できること間違いなしです。

お洒落度アップ!脱・ブルーデニムでコーデの幅を広げよう

ベーシックなブルーデニム以外にも、実はコーデで活躍してくれるブラックやグレーなど、ブルー以外のデニム。そこで今回は脱・ブルーデニムの着こなしを、「ブラックデニム」「ホワイト・アイボリーデニム」「グレーデニム」というカラー別にご紹介! ブルーデニムにはない魅力があり、コーデの幅が広がること間違いなしです。

▼ブラックデニム

出典:

ヴィンテージっぽい雰囲気のブラックデニムはロックスタイルと好相性! ポップなプリントTシャツとライダースを合わせた、ややハードめなテンションを、色あせブラックデニムがほどよく抑えてくれます。コンパクトにまとめすぎず、ゆったりめのシルエットも今どき。普段とは気分を変えてお出かけしたい、休日の街歩きシーンに。

出典:

リラックス感のあるドロップショルダーのタートルニットはスキニーなブラックデニムを合わせてとことんミニマルなスタイルに。すっきりと潔いシンプルさが、大人女子の洗練された美しさを引き立てます。地味見えしないよう、存在感のあるアクセサリーやカラー小物でアクセントを加えれば、リラックス感あふれる大人の休日コーデの完成です。

出典:

ほどよく色落ち感のあるクロップト丈のスキニーブラックデニムは、ナチュラルなヴィンテージスタイルにもぴったり。ミニマルなフォルムのデニムで、ボリューミーなファーコートもすっきりと着こなせます。足元はファーの存在感に負けないショートブーツが好バランス。防寒対策もバッチリなので、秋から冬にかけての屋外イベントやデートにもぴったりです。

▼ホワイト・アイボリーデニム

出典:

紅白のボーダーTシャツにデニムというマリンルックも、ブルーではなく白デニム合わせにするだけで一気に大人の雰囲気に。小物にはウエストバッグやペタンコ靴などカジュアルなアイテムを選べば、チグハグな印象になるのを避けられます。白デニムはキレイめコーデにもきちんとハマるので、休日のカジュアルコーデはもちろん、お仕事コーデとしても活躍してくれます。

出典:

オーバーサイズの白シャツをホワイトのワイドデニムに合わせた大人のリラックスコーデ。足元にヒールを履けば、脚が膨張して見えがちなホワイトデニムでもスタイルよく着こなせます。ホワイトデニムはほどよいカジュアル感を残しつつも品のあるリラックススタイルに仕上がるので、秋冬に機会が増えるイベントや女子会などお洒落に決めたい日にぴったりです。

出典:
  • 1/2ページ
  • 1

関連記事&キーワード