時計、バッグetc.平成最後の“大物買い”に相応しい逸品リスト

FASHION JJ編集部 2019.2.10

平成最後の大物買いは、憧れブランドのジュエリーや時計がおすすめ。いつの時代も色あせないリッチなクラス感で、一生モノの記念になること請け合いです。JJ編集部の姉エディターたちの「大物買い」体験談や、JJ読者、編集部のみんなが実際に購入した“大物買い”アイテムを参考に、平成を締めくくるにふさわしいビッグショッピングをしてみませんか?

「何十年も使える時計は費用対効果から考えても早く買うべき」(JJデスク 羽城麻子)

JJデスク 羽城麻子

3歳の男の子ママ。長く男性誌で養った目線で一線を画すこだわり派。一見冷静だが、実はちょっとオタクっぽい一面も? そろそろゴールドの時計が気になっていて、平成最後の大物買いはカルティエか......!?

平成最後の“大物買い”に相応しい逸品リスト!

「大物買い」にふさわしいアイテムは、事前にきちんと吟味したいもの。気軽に手を出せる価格帯ではないだけに、あとで後悔しないためにも情報収集は大切です。そこで、JJ読者や編集部のみんなが実際に購入した自慢の“大物買い”アイテムを一挙ご紹介! これから大物買いを検討している人は、アイテム選びの参考にしてみてくださいね。

HERMÈS(エルメス):MÉDOR(メドール)

出典:

「一生をかけて似合う自分になりたいと思っています」(JJ編集 織田真菜実)

ピラミッド形のスタッズに時計が隠されている「メドール ロック」は、ひと目では時計と分からないデザイン性の高さが特徴です。時間を見るための道具であることさえ忘れさせるほどのファッション性の高さで、どんな洋服ともマッチしてエレガントに仕上げてくれます。

Gucci(グッチ):GG MARMONT(GGマーモント)

出典:

「ひと目惚れをしない私を変えた運命のバッグ」(ライター 広田香奈さん)

グッチの「GG マーモント」は、1970年代のベルトのバックルから着想を得たというダブルGのハードウェアが目を引くデザイン。正統派のフォルムながらゴールドの配色やヴィンテージライクなディテールが今っぽい、時代を象徴するITバッグです。

Cartier(カルティエ):TANK AMÉRICAINE(タンク アメリカン)

出典:

「めげずに働き続けられるのも、この時計のおかげ」(JJ編集 森本理沙)

  • 2/4ページ
  • Icon paging first
  • 2
  • 4

関連記事&キーワード

この記事のキーワード