これでもう悩まない!自宅でできる最愛ニットの洗濯&お手入れ術

FASHION HOLICS編集部 2019.10.28

これからの季節はニットに手を伸ばす機会がどんどん増えるはず。お気に入りのニットはずっとキレイなまま着ていたいけど、登場回数が多いだけに汚れや毛玉がどうしても気になってきてしまうもの……。そこで今回は、ニットを自宅で上手に洗濯&お手入れするための方法をレクチャーします。

【洗濯篇】

“ニットはクリーニングに出すもの”と思っている人もきっと多いはず。でも、正しい方法で洗濯してあげれば、自宅でも縮んだり傷んだりすることなくキレイにすることができるんです。洗いにくいとはいえ、汚れたニットをそのまま放置すると黄ばみや虫食いの原因にもなるから、自宅でいち早くケアすることが大切です。

カシミヤも洗濯機に入れて大丈夫!

出典:

カシミヤ素材のニットも洗濯ネットに入れて「手洗いモード」にすれば、洗濯機で洗うことができます。洗剤は一般的なおしゃれ着用洗剤で問題なし。ポイントは摩擦を減らすために、一度に洗う枚数を1〜2枚にとどめ、水量を多くして水の中でニットを泳がせるようにすること。水温が高いとニットが縮んでしまうから、30℃以下になるように気をつけましょう。カシミヤは油分を含んでいるので、流れ出た油分を補うための柔軟剤は必須。タオルなどに挟んで水分を絞り取る方法は繊維を傷めてしまうので、洗濯機の脱水機能を使用して。

手洗いなら押し洗いや振り洗いで

出典:

手洗いの場合も洗濯機と同様にネットに入れて30℃以下の水を使い、優しく短時間で洗うのがポイントです。ニットの糸はゆるく汚れが奥まで入り込まないため、 汚れも取れやすいのが特徴。桶におしゃれ着用洗剤を入れよく泡立て軽く押し洗い、もしくは振り洗いすれば十分です。部分的に目立つ汚れは指でもみ洗いしてみて、それでも取れない汚れならシミと判断して専門家に相談するのがベター。一度すすいだ後は柔軟剤を使い、汚れと一緒に流れてしまった油分を補充するようにしましょう。洗剤の代わりにシャンプー、柔軟剤の代わりにヘアコンディショナーを使ってもOK。

ビジューなどが付いたニットはタオルで保護

出典:

首まわりなどにビジューやスパンコールがあしらわれたニットだって、わざわざクリーニングに出さなくても自宅で洗濯することが可能です。洗濯中にビジューが取れるのを防ぐために、ビジューの上にタオルを置いて内側になるようにたたんで。さらにネットに入れれば、安心して洗濯できます。

干すときは平置きに近い状態に

出典:

脱水後はすぐに取り出して、風通しのよい日陰で平らに広げ形を整えて干すのが正解。網の上や平置きハンガーを使用するのがベストですが、なければハンガーを何本か使って橋を渡すように横向きにニットを干すのも手です。ハンガーなどで干すと水分が下の方に溜まり、その重みでニットが伸びてしまうから絶対に避けましょう。

【お手入れ篇】

  • 1/2ページ
  • 1

関連記事&キーワード

この記事のキーワード