パリ偏愛スタイリストが見た’18年春夏パリコレ&行くべきお店

FASHION 2017.11.14

先日、2018年春夏のパリコレが開催されました。世界中のファッショニスタが集結するパリコレには、おしゃれ心をくすぐる来年のトレンド情報がいっぱい。そんなパリコレの様子と、今行くべきお店を、数々のファッション誌や広告で活躍中で、パリを愛してやまないスタイリスト岸本怜子さんにレポートしてもらいました。

  • facebook
  • twitter

スタイリスト岸本さん注目!2018年春夏に流行りそうなもの

いち早くトレンドをキャッチできる場でもあるパリコレ。現地でコレクションを見ていた岸本さんが気になったトレンドの傾向とは?

1 注目のサンローランでは「フェザー」や「ヴィヴィッドカラー」を展開

サンローラン(SAINT LAURENT)

「サンローランで目立っていたのがフェザーとヴィヴィッドカラー。鮮やかな色アイテムは引き続き注目しておいて間違いなさそうです。また、この秋冬ビッグトレンドのファーが春夏にはフェザーにシフト。おしゃれがシーズンレスになってきているとはいえ、さすがに春夏にファーは難しいから、より軽やかなフェザーを靴などでさりげなく取り入れるのが新鮮です」

2 まだまだトレンドが続きそうな「袖コンシャス」と「肌見せ」

左から・ジュールネ(JOUR/NE)、A.P.C(アーペーセー)、イーチ × アザー(EACH X OTHER)、アレクシ マビーユ(ALEXIS MABILLE)

「ジュールネ(JOUR/NE)のバルーン袖ロングワンピやA.P.C(アーペーセー)のフレアー袖ワンピはシンプルながらも華やか! イーチ × アザー(EACH X OTHER)、アレクシ マビーユ(ALEXIS MABILLE)など多くのブランドで展開されていたオフショル。絶妙な肌見せが女っぽさを加速させてくれそうです」

3 2018年春夏は「シースルールック」、「ビジュー」にも注目

左から・ジョーダン(JOURDEN)、アレクシ マビーユ(ALEXIS MABILLE)、マニッシュアローラ(ManishArora)、ジュールネ(JOUR/NE)

「ジョーダン(JOURDEN)/アレクシ マビーユ(ALEXIS MABILLE)のシースルールックの可憐さには思わず釘付け。より女っぽさがプッシュされている印象でした。2018年春夏トレンドのニューカマーとして押さえておきたいのが、マニッシュアローラ(ManishArora)やジュールネ(JOUR/NE)で見られたようなビジュー、スパンコールなどのキラキラしたマテリアル。今から要チェックです」

「2017年の春夏コレクションではフードやスエット素材などのストリートモードが目立っていましたが、2018年春夏は“女っぽさ”を感じさせるルックが多く見受けられました。トップスはショルダーやスリーブなどのディテールにひとくせあるものが本当に多かった気がします。また、ボトムはレイヤードが楽しめるようなスリットデザインがおしゃれの切り札になりそうです。まだまだ女っぽいアイテムのブームは続きそう!」

パリマニアだからこそ知る!パリで必ず寄りたいお店♡

毎シーズンパリコレに参戦するスタイリスト岸本さんが、パリに行ったら必ず寄るお店も教えてもらいました。パリマニアだからこそのセレクトなので、パリに行く際はぜひ参考にしてみてください。

お土産にもぴったり。ショコラの名店「アン・ディモンシュ・ア・パリ(Un Dimanche à Paris)」

  • page 1 of 4
  • 1
  • 3

HOLICS編集部

この記事のキーワード

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

FEATURE特集記事まとめ

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

HOLICS ORIGINALSオリジナル特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

FASHIONファッション

TOTALすべての記事