大人のピンク道!リアルに着られるコーディネートって?

FASHION 2017.6.29

ピンク旋風が吹き荒れ中! 若いコやガーリー派のためだけじゃない、大人がリアルに着こなせるピンクアイテムがこの夏はたくさん揃っていて、大人女子のみなさんもぜひ乗っかっておくべきブームです。そこで大人がリアルに実践できるピンクの着こなし方をご紹介。しばらくピンクから遠ざかっていた大人女子の皆さん、ぜひご参考に!

  • facebook
  • twitter

”イタくない”ピンクの着こなし方が知りたい!

出典:

「ピンクが流行っているのは知っているけど、自分で着るのは気恥ずかしい・・・」。なんて思っている女子は、きっと少なくないはず。少し前まではネイビーやグレーといったベーシックカラーがトレンドの主流だったので、そう思うのも当然です。でもこの夏はそんなこと言ってちゃもったいない! 大人女子もトライしやすいピンクアイテムが豊富なんです。大人のピンクスタイル、始めましょう!

ピンクの着こなし1 迷ったときはデニムと合わせれば失敗しません!

定番からトレンドものまで、どんなピンクトップスもデニムと合わせることで上手に甘さを中和できるのでオススメです。

出典:

私たちの定番スタイルのひとつ、ゆるシャツとデニム。そのゆるシャツを今までのベージュや白のようなベーシックカラーから、ピンクにアップデートしてみましょう。ピンクビギナーでもトライしやすい、簡単ピンクコーデの完成です。

出典: ViV2017年5月号

鮮やかピンクのニットに、トレンドのワイドデニムをコーディネート。主張するピンク色でもデザインがシンプルであれば、やりすぎな印象にはなりません。スカーフや白いバッグなど、小物で抜け感をプラスすればパーフェクト。

出典:

フリルディテールのデザイントップスは、かなり甘い印象のアイテム。そんなときはシンプルなデニムを合わせてカジュアルダウンするのが、正しい大人の着こなし方です。ヘアスタイルもタイトにまとめて、大人っぽく。

出典:

総レースのピンクトップスを、切りっぱなしデニムでカジュアルダウンしてバランスを調整。甘いデザインのアイテムは、ピンクでも薄めのカラーを選ぶと失敗しません。

ピンクの着こなし2 絶対に失敗しない色合わせは「黒」

ピンクと相性の良い「黒」。ふんわりしたパステルピンクの引き締め色として活躍してくれます。

  • page 1 of 2
  • 1

HOLICS編集部

この記事のキーワード

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

FEATURE特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

FASHIONファッション

TOTALすべての記事