こなれムード上昇♡大人女子が取り入れるべきは「白スウェット」

FASHION HOLICS編集部 2019.3.8

スポーティー&ストリートのマインドを感じさせるアイテムが大ブーム。とはいえ、大人女子が取り入れるならラフになりすぎてしまうのは避けたいところです。そこでオススメしたいのが「白スウェット」。カジュアルながらも大人にふさわしい清潔感のある着こなしを楽しむことができちゃうんです!

大人にも似合う♡「スウェット」は白を選んで

出典:

トレンドのスウェットをコーデに取り入れてみたいけれど、だらしなく見えてしまうのは避けたい……。そんな願いを叶えてくれるのが「白スウェット」です。ベーシック&クリーンな白ならカジュアルにはもちろん、キレイめにも着こなすことができます。さらに合わせるアイテムも選ばないので、ワードローブにキープしておけばおしゃれの幅がぐっと広がるはず。

「白スウェット」を上手に取り入れておしゃれ上級者に

出典:

パキッとした白ではなくちょっぴりくすみ感のあるミルクカラーのスウェットは、今シーズン確実におさえておきたいアイテムのひとつ。ベージュのタイトスカートと白のレギンスレイヤードで全体をワントーンにまとめて、優しげで女っぽいカジュアルコーデに仕上げましょう。レギンスで縦長のシルエットを強調すれば、膨張して見えがちな白コーデもすっきりした印象に。

出典:

大人女子が一枚で着るには糖度が高すぎてしまうパステルカラーのシャツワンピースも、上から白スウェットを重ねることで、ちょうどいい甘さに調整できます。スカートにボリュームがあるぶん、スウェットはコンパクトなサイズをチョイスしてバランスアップを意識しましょう。きちんと感のあるバッグやパンプスと組み合わせれば、大人のフェミカジコーデの完成。

出典:

ゆったりとしたシルエットのミルクカラーのスウェットにライトグレーのニットパンツを合わせると、こなれ感たっぷりなリラクシーコーデを実現できます。それだけだと手抜きに見えてしまうから、ハットやヒールサンダルなどシャープな小物をプラスするのが洒落感アップのコツ。

出典:

アースカラーのかっちりとしたジャケットはレオパード柄スカートで着崩すのがイマドキ。インナーにはいつものニットやブラウスではなく、あえてスウェットを投入してカジュアルな要素をプラスするようにしましょう。インパクト強めのひょう柄ミニスカートも、白スウェットのおかげでマイルドな雰囲気に傾けられます。

出典:

ハードルが高めな透け感のある甘めのチュールスカートも、白スウェットを合わせてスポーツMIXに仕上げれば、大人でも気負いなくトライすることができます。胸元に入ったロゴが淡めのカラーでまとめたコーデの程よいアクセントに。少し大きめのサイズを持ってくることで最旬のバランスに着地できます。

出典:
  • 1/2ページ
  • 1

関連記事&キーワード

この記事のキーワード